地域密着型金融の取組み

地域密着型金融の取組みについて

天草地域は今、人口の少子高齢化、労働人口の流出、消費者の所得減少、後継者難、域外資本の進出等々さまざまな問題や課題を抱えており、地場の事業所や企業の経済活動も停滞し、経済規模は縮小傾向にあります。

地域経済活性化や地域振興のためには、地域の中小企業等が事業拡大や経営改善支援等を通じて経済活動を活性化していくとともに、当金庫を含めた地域の関係者が連携・協力しながら中小企業等の経営努力を積極的に支援していくことが重要となります。

特に、地域の情報ネットワークの中心にあり、人材やノウハウを有している当金庫においては、資金供給者としての役割にとどまらず、中小企業等に対する経営支援や地域経済活性化に積極的に貢献していかなければならないと考えております。

このため、当金庫は、“徹底した地元優先の運営”方針のもと、経営戦略や事業計画等の中で、地域密着型金融の推進をビジネスモデルの一つとして明確に位置づけ、当金庫の身の丈=規模・特性、お取引先のご期待やニーズ等を踏まえて独創性を発揮しつつ、次の3つの取組みを中長期的な視点に立って継続的にお取引先や地域経済基盤の維持・拡大、収益力や財務の健全性向上につなげていきたいと思っております。

  • お取引先の事業所や企業に対するコンサルティング機能の発揮
  • 地域の面的再生への積極的な参画
  • 地域やお取引先に対する積極的な情報発信