◆偽造・盗難によるキャッシュカード犯罪への防止対応策について
昨今、偽造・盗難キャッシュカード等の使用による不正預金払戻事件が発生しております。当金庫では、こうした被害を未然に防止し、お客様が安心してお取引いただけるように次のような防止策を実施しています。
  
 
項 目
実 施 状 況














防犯カメラ・ビデオの設置 犯罪を牽制し、お客様の安全確保のため、全ATMコーナーに防犯カメラを設置しています。
つい立の設置 ATMとATM間の覗き見防止用つい立を設置しています。
覗き見防止用フィルターの設置 横および斜め後方から操作画面が見えなくなる遮光フィルムを全ATM機の操作画面に装着しています。
防犯ミラーの設置 後方からの覗き見を牽制するため、全ATM機に後方確認用ミラーを設置しています。
ATMでの暗証番号変更の手続 全ATMに暗証番号変更機能を搭載しています。また類推されやすい暗証番号(生年月日・電話番号・連続する番号等)を設定しているお客様に対して、ATM画面への警告メッセージの表示およびホームページ等で注意を呼びかけ、暗証番号の変更をお勧めしています。なお、現在は新規・変更ともに類推されやすい暗証番号の受付を行っておりません。
ご利用明細票出力の選択 ATMご利用明細票の出力をお客様による選択方式としています。また、口座番号等の情報漏えい防止等の観点から、ATMコーナーのゴミ箱を廃止しました。
生体認証付きICキャッシュカードの導入 偽造・変造や不正な読み取りを困難にする等、安全性を高めるために生体認証付きICキャッシュカードをお取り扱いしています。











1日あたりのご利用限度額の設定 個人・法人ともATMでの1日1口座あたりのお引出金額を50万円に制限しています。
また、キャッシュカードによるATMでの1日あたりの振込限度額を100万円とさせていただいております。
なお、お客様からのお届けにより、口座単位でご希望に応じた支払限度額・振込限度額(ともに最高200万円)および支払限度回数を設定いただけます。
※ご利用限度額の引下げおよび一度任意設定いただいたご利用回数を少なくする場合は、ATMでご変更いただけます。
※窓口では、ご利用限度額およびご利用回数の引下げ・引上げが可能です。通帳もしくはカードとお届印およびご本人様を確認できる書類をご持参のうえ、口座取引店にてお手続きください。
異常取引の早期発見 日々の取引内容等を確認し、不正利用口座の防止および異常な取引を早期に検知し被害の発生・拡大を未然に防止するように努めています。