個人インターネットバンキング ワンタイムパスワード利用のお客さまの認証タイミングの変更について

個人インターネットバンキングにて、ワンタイムパスワードをご利用のお客さまへのご案内

現在、お客さまのパソコンをウィルスに感染させ、インターネットバンキングのIDや暗証番号等を不正に取得のうえ、インターネットバンキングに不正にログオンし、お客さまの口座から預金を引き出す被害が全国の金融機関で発生しています。

このような不正に預金が引き出される被害を防止するため、ワンタイムパスワードで認証するタイミングを、平成28年11月21日(月)より変更させていただきます。

認証タイミングの変更によりお客さまにはご不便をおかけすることになりますが、お客さまの大切なご預金をお守りするため、何卒、ご理解いただきますようお願いいたします。

変更日

平成28年11月21日(月)

変更内容

ワンタイムパスワード認証タイミングの変更

現在、ログインの際にワンタイムパスワードを入力していただき、ご本人さまの確認としておりますが、不正送金防止のため振込等や限度額変更時にワンタイムパスワードで認証するよう変更させていただきます。

なお、ログイン時のワンタイムパスワード認証を「ログイン時のワンタイムパスワード認証する」または「ログイン時のワンタイムパスワード認証しない」から選択することができます。

ワンタイムパスワード認証が新たに必須となる主な取引

一部取引の認証不要化

お客さま取引における利便性の向上を目的として、お客様カードに記載されている「確認用パスワード認証」が不要となるよう変更させていただきます。

ただし、非常時などに「確認用パスワード」が必要となりますので、お客様カードは大切に保管をお願いします。

携帯電話(モバイル)をご利用のお客さま

これまでソフトウェアトークンをご利用のお客さまが、携帯電話(モバイル)でログインする場合は、IDとログインパスワードでログインすることが可能でしたが、セキュリティ強化のため、「ログイン時のワンタイムパスワード認証する」に設定した場合、ログインできなくなります。

残高照会、入出金明細照会等ワンタイムパスワード認証が必要でない取引のみご利用される場合は、パソコンまたはスマートフォンで、「ログイン時のワンタイムパスワード認証しない」を選択することより取引が可能となります。

また、「ログイン時のワンタイムパスワード認証しない」と設定した場合でも、ワンタイムパスワードが必要な振込等の取引は、ご利用できなくなりますので、「パソコン」または「スマートフォン」をご利用いただきますようお願い申し上げます。