2019年5月1日の改元に係る各種対応について

お客様各位

千葉信用金庫

平素より千葉信用金庫をご利用いただき誠にありがとうございます。
天皇陛下のご退位および皇太子殿下のご即位に伴い、2019年5月1日に平成から令和へと改元が行われました。
改元に係る当金庫の各種対応についてご案内いたしますのでご確認ください。
当金庫としましては、極力お客様にご不便をお掛けすることがないよう努めておりますが、やむを得ずお客様にお手数をお掛けする場合がございます。
何卒、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

金融犯罪にご注意ください

改元に伴い、千葉信用金庫の職員がキャッシュカードをお預かりすることや暗証番号をお尋ねすることは絶対にありませんのでご注意ください。



1.改元に係る取扱い

(1)手形・小切手の取扱い

①改元後における「平成」表記の手形・小切手用紙のご利用について

「平成」表記の手形・小切手用紙は、改元後(2019年5月1日以降)においてもご利用いただけます。
「平成」表記の手形・小切手用紙を改元後も利用する際には、「平成」に二重線を引き「令和」に訂正しご利用ください。この場合、訂正印は不要です。
なお、万一「令和」への訂正がない場合でも、「令和」によるものと読み替えて取扱うため不渡りとなることはありません。

②改元日以降の支払期日の記載について

改元前に手形を振り出した際に、支払期日が改元日以降であっても、「平成」表記で記載されていることは問題ありません。
また、新元号発表から改元までの間(4月1日~4月30日)に手形を振り出した際の支払期日が改元以降の場合、「平成」表記でも「令和」表記に訂正いただいてもどちらでも構いません。

③元年表示について

手形・小切手の新元号の表示内容は、「令和元年○月○○日」、「令和1年○月○○日」のどちらでも構いません。

(2)各種帳票類に係る取扱い

千葉信用金庫が、お客様にご記入いただく申込書や千葉信用金庫が発行する明細等においては、元号を使用している帳票類があります。
順次、各種帳票類の差替作業を行なってまいりますが、改元日以降も引き続き「平成」表記の帳票を訂正してご利用いただくことがございますので予めご了承ください。

(3)その他

改元前に千葉信用金庫と締結している契約書やお受けしている申込書、定期預金通帳・証書等の契約書類、帳票類等、期日等が「平成」表記されている場合は、令和に読み替えてお取扱いさせていただきます。
また、官公庁発行の証明書等に旧元号「平成」が残っている場合でも、有効な証明書としてお受付いたします。

以上