外貨定期預金

外貨定期預金とは?

外貨定期預金とは、読んで字のごとく外貨による定期預金です。当金庫でのお取扱い通貨は米ドルのみで、円建てと同じように定期預金をご利用いただけます。

外貨定期預金とは?

外貨定期預金の運用例

100万円を米ドルで12か月間運用した場合(年利率4%の場合)

外貨定期預金商品のご案内

外貨定期預金をご利用いただく前に必ずお読みください

1.為替相場の変動により、為替リスクが発生することがあります。

外貨定期預金のお引き出し時のレートは日々の為替相場により異なるため、円ベースでの利回りは外貨建て金利とは一致しません。また、満期日の相場が預け入れ時の相場により円高(例:120円→100円)の場合、為替差損が生じる危険があります。逆に円安の場合、為替差益による収益を得ることができます。

2.預金保険の対象外です。

外貨定期預金は預金保険の対象外です。

3.手数料のかかる場合があります。

くわしくは、こちらをご覧ください。

4.マル優はご利用できません。預金利息に対する課税は、個人のお客様は源泉分離課税と なります。

利子所得は法人のお客様は総合課税、個人のお客様は源泉分離課税(国税15%、地方税5%)として課税されます。 ※2013年1月1日から2037年12月31日までの間の利子所得には復興特別所得税が追加課税されるため、20.315%(国税15.315%、地方税5%)となります。 お利息はマル優の対象外です。

  • 為替差益への課税
    (法人のお客様) 総合課税
    (個人のお客様) 為替差益は雑所得となり、確定申告による総合課税の対象となります。

ただし、年収2,000万円以下の給与所得者の方で為替差益を含めた給与所得以外の所得が年間20万円以下の場合は申告不要です。為替差損は、他の黒字の雑所得から控除できます。他の所得区分との損益通算はできません。
くわしくはお客様ご自身で公認会計士・税理士にご相談くださいますようお願い申し上げます。

5.円高で預け、円安で戻すのがポイントです。

外貨定期預金で高収益を得るためには、円高時に預け入れし、満期時に円安でむかえることがポイントです。

6.先物為替予約ができます。

お預け後、先物為替予約をすることによって満期日の受取円貨額を確認することができます。先物為替取引予約は満期日税引後元利外貨額を対象とし、満期日の2営業日前まで受付致します。外貨定期預金の元金の一部を予約することはできません。また、一度締結しました先物為替予約はキャンセルができませんのでご注意ください。先物為替予約の締結に際しましては、当金庫所定の「為替予約約定書」の提出が必要となります。

7.お取扱い時間は、平日午前10時以降です。

為替相場、及び金利決定の関係上、平日午前10時以降14時頃までにご来店の上お手続きいただくようお願いいたします。