相続税早見表

改定後 相続税早見表

適用対象:平成27年1月以降に発生した相続

配偶者がいる場合

※スクロールして御覧ください。

単位:万円

課税価格 法定相続人の構成
配偶者がいる場合
(配偶者は1/2の財産を取得)
子供1人 子供2人 子供3人
5,000万円 40万円 10万円 0円
6,000万円 90万円 60万円 30万円
7,000万円 160万円 113万円 80万円
8,000万円 235万円 175万円 138万円
9,000万円 310万円 240万円 200万円
1億円 385万円 315万円 263万円
1億5,000万円 920万円 748万円 665万円
2億円 1,670万円 1,350万円 1,218万円
2億5,000万円 2,460万円 1,985万円 1,800万円
3億円 3,460万円 2,860万円 2,540万円
5億円 7,605万円 6,555万円 5,963万円
10億円 1億9,750万円 1億7,810万円 1億6,635万円
30億円 7億4,145万円 7億380万円 6億7,433万円

課税価格とは、遺産額から小規模宅地等の特例の減額後、債務控除をした後の金額です。

配偶者がいない場合

※スクロールして御覧ください。

単位:万円

課税価格 法定相続人の構成
配偶者がいない場合
子供1人 子供2人 子供3人
5,000万円 160万円 80万円 20万円
6,000万円 310万円 180万円 120万円
7,000万円 480万円 320万円 220万円
8,000万円 680万円 470万円 330万円
9,000万円 920万円 620万円 480万円
1億円 1,220万円 770万円 630万円
1億5,000万円 2,860万円 1,840万円 1,440万円
2億円 4,860万円 3,340万円 2,460万円
2億5,000万円 6,930万円 4,920万円 3,960万円
3億円 9,180万円 6,920万円 5,460万円
5億円 1億9,000万円 1億5,210万円 1億2,980万円
10億円 4億5,820万円 3億9,500万円 3億5,000万円
30億円 15億5,820万円 14億8,290万円 14億760万円

課税価格とは、遺産額から小規模宅地等の特例の減額後、債務控除をした後の金額です。

早見表の見方

相続税の早見表は、縦軸に課税価格、横軸に法定相続人関係となっています。
例えば、課税価格が5億円法定相続人が配偶者と子供2人の場合には、相続税額は6,555万円になります。この相続税額は、配偶者が課税価格1/2(この場合は2億5,000万円)を取得して、配偶者軽減を受けた後の金額です。
従って、6,555万円の相続税は、子2人が2億5,000万円取得して納税する金額です。

2次相続も考慮しましょう

更に、その配偶者の相続(その配偶者が亡くなった時、2次相続の発生)のときには、課税価格が2億5,000万円で子2人になりますので、相続税は4,920万円です。相続税は、トータルで1億1,475万円の相続税がかかることとなります。

相続のご相談はこちら