なかしんHOME > 金庫概要 > ご挨拶

ご挨拶

中栄信用金庫 理事長 石田進

中栄信用金庫のホームページにアクセスして頂きまして、誠にありがとうございます。

さて、平成29年度の経済環境は、海外経済の緩やかな回復を背景に、輸出や生産が持ち直すとともにこれまでのアベノミクスによる各種政策効果により、企業収益が過去最高水準を記録し、バブル経済期を超える有効求人倍率になるなど、雇用・所得環境の改善が続く中、経済の好循環が着実に回り始めております。しかしながら、人口減少・少子高齢化に伴う労働力不足や国内産業の空洞化といった構造的な問題も生じており、経済の好循環を地域経済まで行き渡らせていくことが求められている所であります。

このような環境の変化に向き合いながら、当金庫では多様化するお客さまのニーズに対応した良質なライフプランニングの提案や地域企業の成長・経営改善に向けた付加価値の高い課題解決策を提示するなど、お客さまに寄り添った営業活動に努めてまいりました。

これらの結果、平成29年度の預金積金残高は期中59億円増加の4,196億円、貸出金残高は期中22億円増加の1,647億円となり、当期純利益は5億13百万円を計上することができました。また、経営の健全性を示す自己資本比率は、国内基準である4%を大きく上回る18.59%となりました。これもひとえに皆さまのご支援の賜物と、心より厚く御礼申し上げます。

平成30年度も引き続き、地域やお客さまが抱えるニーズや課題に対してきめ細やかな対応に努め、質の高い金融仲介機能を発揮するとともに、地域社会の発展に向けて役職員一丸となって取り組んでまいりますので、より一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

このホームページは、当金庫に対するご理解をより一層深めていただきたく、経営理念や最近の業績のほか業務・サービスなどをご紹介したものです。ぜひご高覧いただき、より一層のご支援とお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

理事長   石田 進