なかしんHOME > お客様紹介

こだわるがゆえ手作りと店頭販売のみ

豆峰商店

事業内容 落花生加工販売
当社の特徴 昔ながらの伝統の味を頑なに守り続ける
所在地・交通 〒257-0035 秦野市本町2-10-1
小田急線秦野駅北口より徒歩5分
代表者 高橋 豊一
創業 明治41年
TEL 0463-81-0428 FAX 0463-81-2619
営業時間 9:00~18:30 定休日 火曜日、第3水曜日
E-mail  
ホームページ  

  創業90年余年、水無川沿いに位置し、昔懐かしい風情の店構えの落花生の老舗、豆峰商店をご紹介。
「昔ながらの伝統の味をかたくなに守り続ける」と語る4代目高橋豊一社長が、丹沢山系の麓、落花生の産地として有名な秦野の農家で契約栽培した落花生を、伝統の技と永年の経験で培った職人技で煎る・味付けし、袋詰めまで全て手作業でこだわるがゆえ、品数も7種類として評判の品々を保っている。
旨みをより引き出す塩味は伝統の製法で煎りあげた渋皮付の「塩南京豆」と、上質の油で仕上げた「バタピー」。伝統の製法で煎りあげた「さや付落花生」。
上質の白砂糖と黒砂糖をまぶした「落花糖白・黒」。最近売り出した「柿ピー」も好評です。
『派手なことは嫌い、味で勝負』と広告・宣伝・発送販売は一切せず、店頭販売にこだわり、それが多くのお客様に支持され地元は勿論県外からも多く、近在のゴルフ帰りに立ち寄られる有名人も数多いとか。自然の恵みで健康食品の秦野名産の美味しい落花生を、お茶受けにご贈答品に自信を持ってお奨めします。