• ちゅうしんについて
  • ご意見・ご要望
  • 盗難・紛失のご案内
  • ちゅうしんへあそびに行こう
  • 環境活動・社会的責任
  • 満足度向上に向けた取り組み
  • 会員の皆さまのページ
  • パートナーサイト

環境活動・社会的責任

環境活動

環境方針

生物多様性保全や気候変動への対応など、環境に対するさまざまな取組みは、持続可能な社会の形成に向けた重要な課題です。
中日信用金庫では、この課題に対する取組みを推進するために「環境方針」を定め、当金庫の事業活動において生物多様性や環境に配慮した取組みを行うほか、金融商品やサービス等を通じ、生物多様性や環境に配慮した取組みを行う地域社会に貢献するよう努めてまいります。

  1. 基本理念

    ちゅうしんは、「人と環境にやさしい金融機関」を目指し、“豊かな自然”を未来の子供たちに残すため、当金庫の事業活動が地球環境に与える影響を十分に認識し、継続的に環境保全活動に取組みます。
    また、生物多様性の保全や生物資源の持続可能な利用のほか、気候変動への対応、3R(リデュース・リユース・リサイクル)の取組みを実践し、環境負荷の低減を図ります。

  2. 行動指針
    1. ちゅうしんは、環境に関する法規制および当金庫が同意するその他の要求事項を遵守します。
    2. ちゅうしんは、生物多様性や環境を保全する重要性について認識し、当金庫の事業活動が与える生態系や環境への影響について配慮し行動します。
    3. ちゅうしんは、事業活動において生物多様性や環境に及ぼす影響の低減を図り、世代を超えた生物資源の持続可能な利用に努めます。
    4. ちゅうしんは、恩恵を受けている生態系の恵みは地球規模であることを認識し、関係する国・地域に与える生態系への影響やそこに住む人々の暮らしや文化等への影響について配慮し行動します。
    5. ちゅうしんは、省資源・省エネルギー・リサイクル活動を推進するとともに環境への負担軽減に努めます。
    6. ちゅうしんは、金融商品およびサービス等のご提供を通じ、生物多様性や環境を保全する活動に取組むお客さまをご支援し地域社会の環境改善等に努めます。
    7. ちゅうしんは、役職員一人ひとりが生物多様性や環境を保全する重要性について認識を深め、具体的な行動を行うよう啓発活動に努めます。
    8. この環境方針を、当金庫のホームページなどで広く公表し、地域のみなさまとの対話を深めます。

持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則(21世紀金融行動原則)

本原則は、環境省が事務局となり、持続可能な社会の形成のために必要な責任と役割を果たしたいと考える金融機関の行動指針として策定されたもので、当金庫は平成23年12月7日付で本原則に署名をいたしました。
当金庫は、平成19年のエコ定期預金「私はCO² 削減を宣言します!定期」の取扱いを皮切りに、さまざまな環境配慮型の金融商品を取扱い、持続可能な社会の形成に向けた取組みを行ってまいりました。
本原則に対する署名を機に、今後も地域金融機関として、金融を通じ持続可能な社会の形成に向けた取組みを実践してまいります。

  1. 自らが果たすべき責任と役割を認識し、予防的アプローチの視点も踏まえ、それぞれの事業を通じ持続可能な社会の形成に向けた最善の取組みを推進する。
  2. 環境産業に代表される「持続可能な社会の形成に寄与する産業」の発展と競争力の向上に資する金融商品・サービスの開発・提供を通じ、持続可能なグローバル社会の形成に貢献する。
  3. 地域の振興と持続可能性の向上の視点に立ち、中小企業などの環境配慮や市民の環境意識の向上、災害への備えやコミュニティ活動をサポートする。
  4. 持続可能な社会の形成には、多様なステークホルダーが連携することが重要と認識し、かかる取組みに自ら参画するだけでなく主体的な役割を担うよう努める。
  5. 環境関連法規の遵守にとどまらず、省資源・省エネルギー等の環境負荷の軽減に積極的に取り組み、サプライヤーにも働き掛けるように努める。
  6. 社会の持続可能性を高める活動が経営的な課題であると認識するとともに、取組みの情報開示に努める。
  7. 上記の取組みを日常業務において積極的に実践するために、環境や社会の問題に対する自社の役職員の意識向上を図る。

環境に対する取組み

「ちゅうしん環境レポート」をご覧ください。

社会的責任

ハートフル宣言

当金庫では、みなさまに安心してご利用いただける、やさしい金融機関を目指すための基本姿勢として、「ハートフル宣言」を定めています。

  • 〈ちゅうしんのハートフル宣言〉
    1. お客さまの立場に立って応対します。
      明確・丁寧・分かりやすい親切な応対を心がけます。
      思い込みや押し付けなどをせず、信頼感の持てる応対をいたします。
    2. お困りの方に進んで声をかけます。
      お客さまの中にお身体の不自由な方などがいらっしゃることをいつも念頭におき、お困りの様子が見受けられたときは、すみやかに適切な応対をするようにします。
    3. コミュニケーションを大切に柔軟な応対を心がけます
      敬遠したり分かったふりをしたりせず、お客さまのお話をゆっくり、丁寧に、くり返しお伺いし、意思を十分に確認のうえ、柔軟な応対を行います。
    4. プライバシーには立ち入りません
      必要がないにもかかわらず、お身体が不自由な原因や内容などをお聞きしません。
      また、知り得た情報については、守秘義務を遵守します。
    5. 必要な知識の向上に努め、さらなる金融サービスを追及します。
      ご高齢・お身体の不自由な方が安心してご利用いただける金融機関を目指します。
  • ご高齢・お身体の不自由な方に配慮した取組み