先輩のメッセージ

地域経済の発展に貢献していきたい 上飯田支店・平成21年入庫 吉澤光 若手社員

ちゅうしんを選んだ理由

「私の地元である名古屋で働きたい」、就職活動はここから始まりました。
業界や企業研究を行っていく中で、生まれ育った地域へ貢献したいという思いから、利益第一主義ではなく、地域社会の利益を優先した運営を行なっている「信用金庫」に興味を抱きました。中でも、中日信用金庫に入庫を決めた理由は、企業訪問を通じて他の企業よりも職員の方々が目を輝かせて楽しそうに仕事をしていると強く感じたからです。
「営業担当として責任とやりがいのある仕事を任せてもらえ、意欲のある人は、活躍のフィールドを広げていくことができるよ」という話を職員の方から聞き、どこの金融機関よりも人材育成に力を入れていると感じ、ここなら自分が成長することができると思い、ちゅうしんを選びました。

こんな仕事をしています

仕事の内容は、地域(エリア)のお客さまの自宅や企業を訪問し、大切な資金のお預かりや資産運用のご提案、ご融資の相談、金融商品のご案内などを行っています。
お客さまは企業・個人を問わずさまざまで、特に個人のお客さまのニーズに応え実現していくことに今は一番のやりがいを感じています。どんなお客さまに対しても、ご提案できることはたくさんあります。多くのお客さまと接するこの仕事は、お客さまとのコミュニケーションを通して、それまで知らなかった色々な知識を教えていただけることが大きな魅力で、自分が日々成長していくことができます。その中で、自分の提案を受け入れてもらえ、お客さまから「ありがとう」という言葉を頂くと、本当にこの仕事をやっていて良かったなと実感しています。
お客さまの幅広いニーズに対応できるよう、金融の幅広い知識を身に付けていきたいと思っています。

今後の目標を教えてください

顧客ニーズ・金融業務が多様化する中、より多くのお客さまのニーズに対応できて、お客さまから信頼される営業担当を目指します。そのためには、さらに勉強をして、「吉澤さんに相談すれば大丈夫」とお客さまから言っていただけるぐらい幅広い金融知識を身に付けて、その知識を活かして、信用金庫の使命である地域経済の発展に貢献していきたいです。急に金融知識が付くわけではありませんが、身近な教材から始めています。日々勉強の毎日です。

就職活動中の学生の皆さんへのメッセージ

就職活動を行う際に、自分の進みたい方向性や、やりたい事が明確な人もいれば、まだ定まっていない人もいると思います。まずは色々な企業を訪問して、そこで働いている人と実際に話をしてみて、その企業の雰囲気などを自分自身の目で確かめてくることが大切です。それが、私の考える就職活動です。
働いている人を知るということは、その企業を知るということです。そこで何か感じ取ることができれば、これまで見えなかったものがきっと見えてくると思います。就職活動は、自分の思い通りに行かないことも多くあると思います。そんな時はもう一度、原点に返って、なぜこの業界を選んだのか、なぜこの企業で働きたいのかを考えてください。そうすれば、その想いは必ず伝わると思います。家族、友人の協力を得ながら納得のいく就職活動をしてください。ちゅうしんには目標にできる諸先輩方が多くいます。私と一緒に地域経済の発展に貢献していきましょう。

Copyrightcopy;2010 CHUNICHI SHINKIN BANK All RIGHTS RESERVED.