スマートフォン専用サイトはこちら

このページを印刷するホーム > 採用情報 > [愛媛信用金庫の仕事] 営業店業務

エントリー

愛媛信用金庫の仕事 業務内容について知ろう!


営業店業務

信頼を築き上げ、地域密着の拠点となる営業店。
金庫の重要なセクションです。

預金事務・窓口係

愛媛信用金庫の「顔」となるテラー
愛媛信用金庫の「顔」となるテラー

窓口は、「テラー」とも呼ばれている職種。金融機関の「顔」と言えるセクションは、お客さまと私たちがはじめて接する、最も代表的な仕事です。
テラー職は、その仕事ぶりが店舗や金庫の評判・印象に直接つながる重要な役割を担っています。大きな店舗では、一日に200~300人ものお客さまと接することも。月末や年末などのピーク時は、さらに多くのお客さまと接します。

地元と密なおつきあいをする信用金庫は、お客さまのほとんどが地域の方々。何度も来店していただくうちに自然と親しくなれることが窓口業務の魅力です。テラー職は、職員の間でも憧れのポジションなのです。

預金事務では、「正確さ」・「丁寧さ」・「スピード」が求められます。この3つの質を守ることがお客さまの満足度を高め、さらにはリピート率を高めます。これらは金融機関の質そのものであり、それを担っている預金事務の役割は重要です。


貸付係

お客さまの融資相談に親身に対応しています
お客さまの融資相談に親身に対応しています

貸付係は、地域企業の健全な育成や、地域住民の生活形成のための資金を供給するセクションです。

貸付担当者は、営業推進担当者から引き継いだ案件や、店頭へ来店されるお客さまからの様々な融資相談を受けます。相談内容は、個人のお客さまのマイカー購入、教育資金、住宅建設資金といったニーズから、法人のお客さまの運転資金や機械設備購入資金まで幅広く様々なご要望にきめ細やかに対応しています。

融資の仕事には、高度かつ綿密な分析力と判断力が求められます。確かな金融知識と豊富な経験を活かし、お客さまの財務状況や経営内容について的確にアドバイスすることが要求されます。

お客さまと直接率直な意見を出し合ってとことん話し合い、今後の方向性を見出していく。お客さまの立場に立って考える姿勢が、お客さまの夢の実現や、地域経済の発展に貢献することになるのです。


営業推進係

お客さまの様々な顧客価値に丁寧に答えます
お客さまの様々な顧客価値に丁寧に答えます

地域に密着した日常の場面から金融サービスを提供していく私たちにとって、最も基本的で重要なセクション、それが営業推進係です。
営業推進係の基本業務は、地域の個人・事業主のお客さまへのコンサルタント。お客さまを訪問し、預金や融資などのご提案や、経営相談、アドバイスなどを行います。

営業推進担当者は1カ月に約500件~600件、1日にして約30件~40件のお客さまを訪問します。営業推進係に求められるスキルは、お客さまが「今」必要としているニーズに応えることだけではありません。お客さまの立場、環境、状況を的確に把握し、「将来」必要となるニーズを引き出す能力も求められているのです。
お客さまの都合によっては、早急に資金が必要となるケースもあるでしょう。しかし、融資の手続きは決して単純なものではなく、お客さまの要請を受けてから動き出すのでは遅い場合もあるのです。営業推進担当者は、こういった事態を最小限に抑えるために、常にアンテナを張り巡らせ、先へ先へと状況を読む能力が要求されます。
資金が必要となったとき、お客さまが様々なプランやオプションを選択することができるように情報を提供することが営業推進係の最も重要な役割です。幅広い知識を蓄え、これらを効果的に伝えることのできる能力も必要です。お金という現実的でシビアな商品を扱うからこそ、お客さまの立場で仕事をする責任感を磨くことができますし、「ありがとう」や「おかげで助かったよ」と喜んでいただけたときの感動はひとしおです。

金額もお客さまの要望も、同じ状況は一つとしてありません。楽な仕事ではありませんが、だからこそ、個々の案件に真剣に取り組めば取り組むほどやりがいのある職務だといえます。



ページの先頭へ戻る

金融商品取引業者 登録番号 四国財務局長(登金)第15号