福島信用金庫タイトル-金融機関コード 1190−
 
ホームごあいさつサイトマップよくある質問リンク集
経営者の方へ 貯める 運用する 借りる 便利に使う ディスクロージャー リクルート

ふくしんこども応援賞
ふくしんこども応援賞 こども応援賞審査結果について

 第3回「こども応援賞」には、福島市・伊達市・伊達郡の34団体から応募が寄せられ、11月13日(金)に 本審査会が開かれ、下記の13団体が厳しい審査の結果決定、11月28日(土)に福島市万世町のふくしん 本店で表彰式を開催いたしました。
  最優秀「もも賞」を受賞した内谷春日神社太々神楽保存会から、代表者とともに4名の少年少女楽人も 表彰式に臨み、厳粛な中、こぼれる笑顔の花が咲きました。

各 賞 団 体 名 金 額
もも賞

[文化]

国見町  ≪内谷春日神社太々神楽保存会≫
 会長   佐藤 清二


小中高生と一般人が一緒になって神楽の練習をし、その保存と伝承に努めている。地域一体となって若年層の楽人を養成、地域伝統行事に数多く参加、伝統を伝える子どもの育成にあたっている。

200,000
ウグイス賞

[文化]

福島市  ≪南向台峯山太鼓小学生の会≫
 保護者代表   吉田 雪江


子ども達の人間関係づくりや地域づくりに益するという目標の下に活動している点、たいへんすばらしい。また、地域住民による指導や地域発表会を充実させるなど、地域との係わりを意識した活動もすばらしい。

100,000
ウグイス賞

<スポーツ>

川俣町  ≪川俣サッカースポーツ少年団≫
 団長   若林 謙一


結成35周年記念大会の支援、そして原発禍で避難する飯舘・浪江の子どもたちも受け入れる懐の深さで地域を大いに盛り上げて欲しい。

100,000
ウグイス賞

[文化]

梁川町  ≪ひろせ梁川太鼓≫
 大工   吉田 勝男


2歳〜75歳という超幼小から超高齢までの世代による活動団体、親子一緒による練習や世代を超えた技術の伝承と演奏活動は、地域性の向上や家族の絆向上にもよき影響を及ぼしている。高齢者施設訪問や地域内発表会、地域外イベントへの招待など、幅広い活動をしている。

100,000
ウグイス賞

<スポーツ>

福島市 ≪岡山スポーツ少年団バレーボール部≫
 マネージャー   菅野 恵理子


創部37年の歴史としっかりした部規約の下、地域に根ざし、子ども・保護者・指導者の連携も緊密に運営されている。成績もよく、めざす目標も高く評価できる。しのぶもちずり杯の成功を祈る。

100,000
アカマツ賞

<スポーツ>

保原町  ≪上保原ソフトボールスポーツ少年団≫
 代表   菅野 浩二


団員が少ないのにもかかわらず、昼の練習、ナイターの練習、芋煮会や保護者との交流など、幅広い活動を進めている。東北大会で3位になるなど、戦績も素晴らしい。特に保護者の協力体制がよい。

50,000
アカマツ賞

[文化]

福島市  ≪NPO法人福島県音楽療法士協会≫
 理事長   齋藤 由香


対象範囲は子供から高齢者までではあるが、音楽療法を通じて、障害を持つ子供たちに光を当てるという極めて困難な支援活動に敬意。障害を持つ子たちに生の音楽に触れてもらう活動は尊い。

50,000
アカマツ賞

<スポーツ>

福島市 ≪愛誠サッカースポーツ少年団≫
 保護者会会長   佐野 万理子


心技体を鍛え、学習に励むことができる健康な児童を育むとの活動方針の下、団員・保護者・指導者・OBが一体となり、交通安全運動への参加など地域との交流も活発で、創立30年余りの歴史と伝統を感じる。

50,000
アカマツ賞

<スポーツ>

福島市  ≪福島少年ラグビースクール≫
 校長   河野 正俊


今、話題のスポーツ。マイナーからメジャーへ、指導者あってこそ。本年のワールドカップ・ラグビー3勝をきっかけに、今後の日本ラグビー界発展と合わせ、本地域でのラグビー人口が増え、活発化することを期待。

50,000
アカマツ賞

<スポーツ>

保原町  ≪保原柔道スポーツ少年団≫
 団長   八城 敏広


柔道協会を組織して始めたスポーツ少年団活動。柔道の大会出場だけでなく、練習時における異世代間指導や地域との交流活地域行事への参加活動などもなされ、子どもの人間育成にも力を入れている。

50,000
アカマツ賞

<スポーツ>

福島市  ≪松川サッカースポーツ少年団≫
 保護者会会長  根本 孝治


39年続き、サッカーを通じ青少年の育成をして強豪チームに育てた。これまでの実績を評価。県大会優勝、トレセンメンバーに選抜される事を目指し、サッカーの技術向上に主眼を置いた活動をしている。

50,000
アカマツ賞

[文化]

国見町  ≪国見古典鑑賞会≫
 会長   高橋 幸子


子どもに伝統芸能の体験をさせたり読書活動をさせたりする活動を通して地域づくりに貢献しようとしている。子ども向けの体験教室として開催している活動。

50,000
アカマツ賞

<スポーツ>

桑折町  ≪福島NORTH FIRE 野球クラブ≫
 代表   八巻 靖之


小学生2年〜6年の学童野球クラブ。桑折、国見、伊達、梁川の広域メンバー構成にもかかわらず保護者等の協力性はたいへん高い。野球練習や試合に勝つための指導のみでなく、親子野球大会や芋煮会、地域との交流会や体力づくりスポーツテスト等、幅広い活動をしている。また、人間性の育成等に重点が置かれた活動をしている。

50,000
合 計 1,000,000

以上、文化5団体・スポーツ8団体の合計13団体、合計1,000,000円

 (応募:文化10団体;スポーツ24団体)


第3回「ふくしん こども応援賞」表彰式

こども応援賞審査結果について
こども応援賞審査結果について
こども応援賞審査結果について

 以 上



 

    福島信用金庫 〒960-8660  福島県福島市万世町1-5 TEL:024-522-8161