福島信用金庫タイトル-金融機関コード 1190−

採用情報

29年度入庫者インタビュー

平成28年度 新入職員

29年11月、入庫して7カ月が経過し「新入職員フォロー研修」を実施しました。
集まった職員は、すっかり社会人らしく成長していました。
早速、現在の様子や学生の皆さんへのメッセージを聞いてみました。

(29年11月14日現在)

新入職員フォロー研修風景

新入職員フォロー研修風景

Q1 当金庫を選んだ理由は何ですか?

Q2 職場の雰囲気はどうですか?

Q3 現在はどんな仕事をしていますか?

Q4 学生の皆さんへメッセージ

Q1 当金庫を選んだ理由は何ですか?

生まれ育った福島に、地域の発展につながる金融の面で恩返しがしたかったためです。また、今後も福島に住んでいきたいと思い、異動が自宅から通える範囲というのも魅力的でした。(本店・片平)

地元で働きたいと思い、中でも地域の方々に身近なイメージのあった「信用金庫」を志望しました。(東支店・星)

福島信用金庫が、地域内の企業の経済面でのサポートや地域イベントへの参加など幅広い面で地域社会の発展に携わっており、私も信用金庫の職員として地域社会に貢献したいと思ったからです。(八島田支店・會澤)

生まれ育った福島で、地域のために働きたいと思いました。転勤はありますが、地域が限られているため、実家から通えるというのも理由です。(南支店・三浦)

地元福島に貢献できる仕事がしたい、ずっと地元で働きたいという思いがあり、地域に密着し、地元のために働くことができる「信用金庫」を選びました。(梁川支店・久保)

これまで過ごしてきた地元である福島のために、金融という面から貢献したいと思ったからです。また、自宅から通勤できるということも決め手でした。(掛田支店・橋)

Q2 職場の雰囲気はどうですか?

悩んだり、仕事で分からないことがあれば助けてくれる明るい職場だと思っています。 (東支店・渡邉)

支店のみなさん、とても優しく、分からないことを質問すると、いつも優しく丁寧に教えてくれるので、安心して楽しく仕事ができます。また、わらじ祭りなどの行事を通して他の支店の方とも交流ができるので、とても楽しいです。(西支店・山田)

職場の雰囲気は温かく、明るいです。また、分からないところや疑問に思ったところなど、すぐに聞くことができます。お客様も優しい方が多く、「頑張ってね」や「ありがとう」という言葉をかけてくださる方が多いです。(岡山支店・片山)

とても働きやすい職場であると感じています。また、イベントなど同期や先輩との交流を深められる機会も多いです。(平野支店・吉田)

明るく活気に満ちた職場です。先輩方はいつも新入職員である私のことを気にかけて下さり、何でも相談できるような安心感に支えられています。そして、非常に風通しが良いと思います。地域のお祭りなどの行事は、全員で、全力で楽しく取り組む雰囲気があり、私も楽しく参加しています。(国見支店・関)

職場の先輩は、みなさんとても優しく、分からないことも丁寧に教えてくれます。また、地域の事業やお祭りに参加し、地元の方々とコミュニケーションをとることができ、とても楽しいです。(伊達支店・柏)

お客様の大切なお金を扱う仕事ですので、職場にはいつも緊張感がありますが、その中にもあたたかい雰囲気があり、わからないことも質問しやすい環境です。 (保原支店・鈴木)

Q3 現在はどのような仕事をしていますか?

現在は、出納係として営業店の資金を管理したり、窓口係としてお客様と接する仕事をしています。営業店の仕事は多岐にわたり、難しい内容も多いですが、その分、自分で一連の業務をこなせるようになると嬉しさとやりがいを感じます。日々勉強だと思い、向上心を持ち続けることがこの仕事で大切だと思いました。(本店・黒澤)

入庫当初は預金係を担当していましたが、現在は融資係です。融資係として、より多くの知識を得るため、毎日分からないことを調べ、勉強するようにしています。 (北支店・佐藤)

現在はテラー(窓口)業務を担当しています。窓口にいると、待っているお客様からも顔が見えてしまうので、笑顔でいることを心掛けています。(北支店・佐久間)

預金係として窓口を担当しています。覚えることが多く、お客様とコミュニケーションを取ることも必要なので大変ですが、やりがいはとても大きいです。お客様が「ありがとう」と笑顔になってお帰りいただけた時は、たいへんうれしく思います。(森合支店・齋藤)

現在は、融資係の窓口として、来店されたお客様に対して、ローン等を提案することが主な仕事です。まだ1年目ということもあり不安なことの方が多いですが、勉強してきたことをお客様に上手く説明できた時はやりがいを感じます。仕事をスムーズに進めるためには勉強は欠かせませんが、それを上回る成果が必ず現れるとこの短期間で感じましたので、毎日コツコツと頑張っています。(南支店・佐藤)

預金係(窓口)を担当しています。お客様の受付をする際は、「自分なら〇〇してもらえると助かる」ということを意識し、考えながら業務にあたっています。お客様が望む以上のサービスを少しでも提供できれば、お客様にとっても自分自身にとってもプラスになると考えています。(伊達支店・菊地)

Q4 学生のみなさんへメッセージ

  (就職活動のアドバイス、学生時代にやっておきたいことなど)

一つの業種・職種に絞らず、たくさん説明会に参加すると良いと思います。視野を広く持つことによって、自分が本当にやりたい仕事、興味があることが見つかると思います。そして、時間があるうちにしかできない、資格試験勉強や留学、インターンシップ、旅行など、人とは違う自分しかできない経験をすることも重要だと思います。就職活動時の話のネタにもなります。(吉井田支店・黒澤)

就職活動は学生生活の中でもたいへんだと思いますが、自分なりの「軸」を持っていれば、思うような職場に就職できると思います。(鎌田支店・梅津)

就職活動は、今までの自分を振り返る良い機会です。この機会に自分をよく知るために自己分析をたくさんしてください。社会人になると、コミュニケーション能力が求められます。お客様は目上の人たちばかりです。ぜひ、学生のうちに目上の人たちとたくさん話をしてみてください。明るく、笑顔がステキな人たちを待っています!頑張ってください。 (飯坂支店・佐藤)

入庫して、資格取得のための勉強がたいへんでしたので、ある程度の知識を学生時代に学んでおけば良かったと思いました。学生時代、やっていて良かったと思うことは「部活動」です。勉強はもちろん大切ですが、部活動で学んだ集団生活やコミュニケーションの力は役に立つと思いました。(桑折支店・佐藤)

元気な挨拶、明るい笑顔はどんな時でも大切です!日頃から心掛けると良いと思います。また、ボランティア活動など様々なことに挑戦しておくと良いと思います。 (国見支店・横山)

就職活動では、自分を見つめ直し、自分はどういう人間なのか、どういうところでアピールしていきたいのかを分析し、ここで働きたい、ここでなら自分の持てる力を発揮できるという仕事を選んでほしいと思います。独りよがりの考えではなく、家族や友人などから意見を求め、多方面から考えることも大事だと思います。学生時代は社会人と比べると自由な時間が多いですので、やりたいことに挑戦して有意義な時間を過ごしてください。(事務部・吉田)

福島信用金庫インターネットバンキング