福島信用金庫タイトル-金融機関コード 1190−

採用情報

入庫者インタビュー

平成28年度 新入職員

2018年11月、入庫して7カ月が経過し「新入職員フォロー研修」を実施しました。
集まった職員は、すっかり社会人らしく成長していました。
早速、現在の様子や学生の皆さんへのメッセージを聞いてみました。

Q1 当金庫を選んだ理由は何ですか?

Q2 職場の雰囲気はどうですか?

Q3 現在はどんな仕事をしていますか?

Q4 学生の皆さんへメッセージ

Q1 当金庫を選んだ理由は何ですか?

生まれ育った福島で働きたい、また地域の方々の役に立てるような仕事がしたいと思い福島信用金庫を選びました。(東支店・小野)

学生時代を県外で過ごし、改めて地元の良さを知りました。地元のために働きたいと思うようになり入庫を決めました。(瀬上支店・志賀)

地元福島で働きたいと考えました。信用金庫は地域の行事に積極的に参加するなど、地域のお客様との関わりを大切にしている点も魅力に感じました。(桑折支店・鈴木)

自分が学んだ知識を活かした仕事がしたいと思っていました。また、自宅から通勤できることや転居を伴う転勤がないことも決め手となりました。(南支店・佐藤)

Q2 職場の雰囲気はどうですか?

支店のみなさんは、私の質問に優しく丁寧に答えてくれます。仕事終わりに食事に誘っていただけることもあり、そこでも貴重な話を聞かせてもらっています。(本店・高橋)

先輩や上司に積極的に質問し学んでいます。先輩たちを見ていると、お客様との距離が近く信頼されていることが感じられるので、自分も将来お客様に頼りにされる職員になりたいです。(西支店・望月)

マンツーマンリーダーは年齢も近く、コミュニケーションがとりやすいと思います。わからないことがあれば何でも教えてくれる先輩方がいて心強いです。(北支店・戸浪)

金融機関は堅いというイメージでしたが、実際はとてもアットホームな職場です。様々な行事に参加する機会があり、先輩方との交流も盛んです。(吉井田支店・宮川)

職場の雰囲気は温かく、相談すると優しく丁寧に教えてくれます。また、同期入庫の職員同士も仲が良く、情報交換をしているので、とても刺激になります。(保原支店・齊藤)

Q3 現在はどのような仕事をしていますか?

融資係で来店されたお客様の受付や融資の実行などを行っています。毎日学ぶことは多いですが、お客様に喜んでいただける提案ができるようになりたいと思っています。(西支店・佐藤)

預金係で出納と窓口業務を担当しています。お客様からの「ありがとう」の言葉を励みに頑張っています。お客様と接する仕事は大変ですが、やりがいがあると感じています。(鎌田支店・大室)

融資係として、個人ローンの受付などを担当しています。初めて受付から実行まで行い、お客様に「ありがとう」と言っていただいたときは嬉しかったです。(梁川支店・佐藤)

預金係で出納と窓口業務を担当しています。お客様と接する機会が増えてきたので、ますますやりがいを感じています。常に笑顔で明るい対応を心掛けています。(伊達支店・齋藤)

Q4 学生のみなさんへメッセージ

  (就職活動のアドバイス、学生時代にやっておきたいことなど)

自分が一番やりたいことができる企業を見つけることが大切だと思います。それが当金庫であれば、ぜひ一緒に仕事をしましょう!(飯坂支店・安藤)

業界研究に取り組むことが大切だと思います。自分の知らない仕事を発見することができるので、視野が広がります。(南支店・片平)

どんな時でも明るい笑顔は大切です!面接などで緊張すると思いますが、笑顔で明るく話せば、きっといい結果につながると思います。(八島田支店・渡邊)

社会人になると自由な時間が少なくなるので、学生時代にしかできないことにチャレンジしてほしいと思います。(国見支店・鈴木)

FP3級や簿記などの資格をとっておくとよいと思います。また、ExcelやWordもよく使うので、覚えておくと役に立ちます。(北支店・佐々木)

福島信用金庫インターネットバンキング