健康企業認定

この度、当金庫は「健康企業宣言」を実施し、2017年12月20日、健康保険組合連合会石川連合会より健康企業に認定されました。

目的

企業が健康企業宣言を提出することにより、従業員や求職者、関連企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として、社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目的とし、これらの普及促進により加入者の健康増進や健康寿命の延伸を図る。

当金庫の「健康企業宣言」取り組み内容

当金庫は、職員が心身ともに元気に働ける企業を目指して、下記の項目に取り組みます。

  • 定期健康診断を実施し、検診受診率を100%にします。
  • 職員の扶養家族(40歳以上)に対し、特定健診の受診を勧めます。
  • 受動喫煙対策に取り組みます。
  • メンタルヘルス不調者への対応に取り組みます。
  • ストレスチェックを実施します。
  • 健診の結果等で再検査や治療の必要があった場合、医療機関を受診するよう推奨します。
  • 適切な働き方の実現に向けた取り組みを行います。
  • 従業員の食生活の改善に向けた取り組みを行います。

取組期間

2017年12月20日~2020年12月31日まで

ページの先頭へ