キャッシュカードご利用のお客様へ

 最近、新聞等で盗難・偽造カードによる不正な払出による被害の記事が報道されており、キャッシュカードの暗証番号が、生年月日、電話番号など他人に推測されやすいものとなっていることが要因のひとつにあげられております。
 こうした被害を防止するため、お客様におかれましては次の点にご注意ください。

キャッシュカードの盗難にご注意ください!

  • キャッシュカードは、預金通帳やお届け印と同様に大切なものですので、厳重に管理してください。
  • キャッシュカードを入れた財布などを長時間お手元から離さないようにご注意ください。
  • 万一、キャッシュカードが盗まれたり紛失した場合には、ただちに当金庫のお取引店舗にご連絡ください。
  • 空き巣や車上盗難などの被害に遭われたときは、キャッシュカードが盗まれていなくても、磁気データがコピーされている可能性がありますので、ただちに暗証番号の変更をするとともに、念のため当金庫のお取引店舗にご連絡ください。

キャッシュカードや暗証番号のお取扱いにご注意ください!

  • 暗証番号は、他人に知られないようにお取扱いには十分ご注意ください。
    とくに、暗証番号を記載したメモや暗証番号を推測される手がかりとなるものは、キャッシュカードと一緒に保管しないで下さい。
  • 生年月日、電話番号、自動車ナンバーなど、他人から推測されやすい番号を暗証番号とすることは避けてください。
  • 暗証番号は定期的に変更することをお奨めいたします。
  • 暗証番号は、キャッシュカードごとに異なる番号とすることをお奨めいたします。また、キャッシュカードの暗証番号を、貴重品ボックスなど他のサービスを利用する際の暗証番号にして使うことは避けてください。
  • ATM(現金自動預払機)などを利用される際は、暗証番号を後ろから盗み見られたりしないようにご注意ください。
  • 信用金庫職員などが店舗外や電話などでキャッシュカードの暗証番号をお尋ねすることはありません。不審な点がある場合には、ただちに当金庫のお取引店舗にご照会ください。
  • お引出しの場合、キャッシュカードの利用明細票を発行するか否かを選択することが可能です。
    また、発行された明細票は、お持ち帰りになられるか、他人に見られないように廃棄してください。

キャッシュカードの暗証番号の変更のお手続きについて!

  • 当金庫の自動機(ATM機)におきましてキャッシュカードの暗証番号の変更をすることが出来ますので、ご利用ください。

一覧へ戻る

ページの先頭へ