セキュリティ対策

投信インターネットサービスでは、本サービスを安心してご利用いただけるよう、以下のセキュリティ対策を行っています。

1.128ビットSSLの暗号通信方式を採用

SSLとは、インターネット上でデータ通信を行う際に利用される暗号通信方法の1つです。投信インターネットサービスでは、そのなかでも、現時点でもっとも解読が困難といわれている128ビットのSSL方式を採用しておりますので、インターネット上でのお客さまとの情報のやりとりは安全に行われます。

2.複数パスワードでの本人確認

投信インターネットサービスでは、ご利用の都度「ログインID」および「ログインパスワード」によりお客さまを特定します。更に取引時には「確認パスワード」で再度本人確認を実施します。
なお、「ログインパスワード」「確認パスワード」は、お客さまご自身で設定していただきます。また、設定された「ログインパスワード」「確認パスワード」はお客さまのご希望により、いつでも変更していただくことも可能です。

3.ソフトウェアキーボードの導入

ソフトウェアキーボードとは、画面上にキーボードを表示してマウスで画面上のキーをクリックすることで、パスワード等を入力するソフトです。キーボードからの入力情報を盗むキーロガー型のスパイウェアに効果があります。

4.自動ログアウト方式を採用

投信インターネットサービス操作時に、一定時間以上端末の操作をされずに放置された場合、その間に第三者に操作されることを防止するため、自動的にログアウトする機能を採用しています。

5.ログイン履歴表示

投信インターネットサービスへのログイン後にHP上に過去3回のログイン日時を表示させていただきます。過去のログイン履歴を表示することで、不正利用等がないことを確認することが可能となります。

注意事項

  • 「ログインID」、「ログインパスワード」、「確認パスワード」は、お客さまがご本人てであることを確認するための重要な情報です。
  • お客さまの生年月日、電話番号、お名前等に関連した数字や文字は避け、他人に推測されにくく、覚えやすく忘れにくい「ログインパスワード」、「確認パスワード」を登録願います。
  • 「ログインパスワード」、「確認パスワード」は、より安心してお取引いただくために、定期的に変更されることをお勧めします。お客さまご自身でいつでもパソコンから変更していただけます。
  • 「ログインID」、「ログインパスワード」、「確認パスワード」は、お忘れになったり、第三者に知られることのないように特に厳重に管理願います。
  • 万一「ログインID」、「ログインパスワード」、「確認パスワード」をお忘れになった場合、ご利用できなくなりますのでお取引店までご連絡をお願いいたします。
  • お客さま以外の第三者の利用を防ぐために、一定時間(20分[ただし、確認パスワード入力画面は5分])操作がない場合、自動的に操作できなくなりますので、継続してご利用になる場合は、再度ログイン願います。
  • 当金庫職員が「ログインパスワード」、「確認パスワード」についてお客さまにお聞きするようなことは一切ありません。

ページの先頭へ