• 小
  • 標準
  • 大
       

理事長挨拶
当金庫のご案内
組織図
ディスクロージャー
はたしんの活動

ショートカットメニュー
ごあいさつ
当金庫のご案内
預金のご案内
融資のご案内
サービスのご案内
店舗・ATMのご案内
手数料のご案内
金利情報
ディスクロージャー
公益財団法人幡多信用金庫
まちづくり基金
四万十川短歌俳句川柳大会
【重要】キャッシュカードをご利用のお客様へ
理事長挨拶
 初夏の候、会員の皆様にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 ここに、当金庫の第89期(平成28年度)の業務概況と決算状況をご報告申し上げるにあたり、平素より会員並びにお取引先の皆様方からご支援、ご協力を賜りまして、衷心より厚くお礼申しあげます。
 さて、平成28年度のわが国経済は、政府が推進する成長戦略などにより、雇用・所得環境が改善し、緩やかな回復基調が続いております。ただ、米国トランプ政権の保護主義的な政策運営や欧州政治情勢など海外経済の不確実性の高まりから、個人消費や設備投資はいまひとつ力強さを欠いており、デフレからの脱却には至っておりません。
  当金庫の営業区域内をみると、少子高齢化の進行、若者の県外流出が人口減少に拍車を掛け、更には県外資本のロードサイド店出店等も相まって、当金庫永年の取引先である地元企業者は厳しさが増し、先行きの不透明感は依然として払拭されておりません。
 このような経営環境の中で、当金庫は地元の皆様方の温かいご支援の下、役職員一同が一致団結して営業基盤強化と地域社会との共生に向けて努力して参りました結果、当期末の預金残高は1,438億円(前期比66百万円増加)となりました。一方貸出金は「地元とともに」をスローガンに、地元の皆様方の資金ニーズに積極的に取り組んで参りました結果、当期末の貸出金残高は661億円(前期比16百万円増加)となり、預貸率は45.98%となっております。
 また、収益面では経営の自己責任に則り、資産内容の健全化と体質強化をはかるため貸出金等の不良資産処理計画の実行、償却・引当を確実に実施しました。貸出金利息減少分を積極的な余資運用によりカバーして、安定したコア業務収益を計上し、当期純利益3億7千4百万円を計上することになりました。これも当金庫の経営理念である健全経営に徹した結果であるとのご認識をいただき、よろしくご支援の程お願いいたします。
 なお、当期末の自己資本比率は、国内で業務を行う金融機関に義務付けられる国内基準4%及び平成27年度全国信用金庫平均13.08%を大幅に上回る21.58%(前期21.17%)となっており、経営の健全性確保に些かの狂いもありません。
  迎える平成29年度は、「金融仲介機能のベンチマーク」等の客観的な指標を活用しながら協同組織金融機関の理念に徹し、地域との連携をさらに深め、金融機能の提供のみならず非金融面も含めたサービス提供力の一層の強化を図るなど、引続き信用金庫の社会的使命、役割の遂行に努めて参る所存でございます。
 このために、当金庫は、関係機関との間で、「業務協力に関する覚書」等の各種協定を締結し、地域経済の活性化などに向けて、一層関係機関と連携・協力して取り組んで参ることとしております。
 何卒、今後ともより一層のご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
平成29年6月




■個人情報保護宣言 ■金融商品に係る勧誘方針 ■保険募集指針 ■反社会的勢力に対する基本方針 ■利益相反管理方針 ■地域金融円滑化のための基本方針
■苦情処理措置・紛争解決措置等の概要(PDF) ■一般事業主行動計画(PDF)
 


〒787-0021 高知県四万十市中村京町1-17
TEL/ 0880-34-2121 FAX/0880-34-1065
金融機関コード 1880
サイトマップ | リンク | お問い合せ
Copyright ©2002-2015 Hata Shinkin Bank All Rights Reserved.