• 小
  • 標準
  • 大
 

ショートカットメニュー
ごあいさつ
当金庫のご案内
預金のご案内
融資のご案内
サービスのご案内
店舗・ATMのご案内
手数料のご案内
ディスクロージャー
リレーションシップ
バンキング
地域密着型金融推進計画
社会貢献活動
後見支援預金の取扱い開始について
2021年10月1日
 平素は格別のご配慮を賜り厚く御礼申し上げます。
 さて、このたび幡多信用金庫は、近年、後見人による不正(被後見人預金の使い込み)等が社会問題化している中、後見
制度をご利用の被後見人の財産の安全な保護・管理が期待されていることに鑑み、家庭裁判所の「指示書」が なければ
出金等ができない預金「後見支援預金」の取扱いを2021年11月1日から開始することとしました。
 「後見支援預金」は、口座開設から預金の払出しや解約などを家庭裁判所の「指示書」に基づいて行うため、被後見人に
とっては安全・確実にご自身の財産を利用していただくことが可能となり、後見人にとっても被後見人の財産を長期にわたっ
て管理するための負担を軽減することが期待できます。


「後見支援預金」の商品概要

1.利用対象者
  家庭裁判所が「後見支援預金」の新規契約に係る「指示書」を交付した方
  ※成年後見、未成年後見、何れもお取扱いします。
2.取引商品
  普通預金のみとし、キャッシュカードは発行しません。
3.口座開設手数料
  11,000円(税込み)
4.取扱開始
  2021年11月1日(月)
5.約定書
 後見支援預金特別約定


〇後見支援預金とは
 後見制度による支援を受けている方の預金のうち、日常的な支払いをするのに必要十分な金銭は後見人ご自身で管理を
し、残りの通常使用しない金銭を「後見支援預金」として、家庭裁判所の「指示書」に基づき別口座で管理する預金商品で
す。
〇後見支援預金のメリットについて
 日常的に使わない金銭を別口座で管理し、家庭裁判所の「指示書」に基づいて入金・出金が行われることから、被後見人
の財産を安全かつ適切に保護・管理することができます。
                                                                        【本件に関するお問い合わせ先】
                                                                         幡多信用金庫 業務部
                                                                         TEL 0880-34-2121




■個人情報保護宣言 ■金融商品に係る勧誘方針 ■保険募集指針 ■反社会的勢力に対する基本方針 ■利益相反管理方針 ■地域金融円滑化のための基本方針
■苦情処理措置・紛争解決措置等の概要(PDF) ■一般事業主行動計画(PDF)
 


〒787-0021 高知県四万十市中村京町1-17
TEL/ 0880-34-2121 FAX/0880-34-1065
金融機関コード 1880
サイトマップ | リンク | お問い合せ
Copyright ©2002-2015 Hata Shinyo Kinko. All Right Reserved.