【金庫概要】

金庫概要

名称 ひまわり信用金庫
所在地 本部
 〒970-8026 福島県いわき市平字二町目10番地
本店営業部
 〒970-8052 福島県いわき市平祢宜町3番地1
創 立 大正12年10月9日
普通出資金 2,090百万円
普通会員数 27,330名
店舗数 17店舗(うち出張所1カ所)
役職員数 202名
預金 2,380億円
貸出金 1,044億円

(平成29年3月末現在)

営業地区 福島県 いわき市、双葉郡、
茨城県 北茨城市
組織 [本部] 7部・1室・15グループ
[営業店]預金係・融資係・渉外係

基本理念

経営理念 私たちは、「豊かでゆとりのある市民生活づくり」と「個性的で成長力の高い企業づくり」を応援することを使命とし、最高のサービスと信頼を提供し続けることによって、豊かなふるさと「いわき」の創造に貢献します。
経営方針

《ナンバーワンの信用金庫をめざして》


1.心のふれあいNo.1
地域の人々から親しまれ、地域貢献度No.1の信用金庫をめざす。

2.お客様満足度No.1
きめ細かな情報提供、提案で利用価値No.1の信用金庫をめざす。

3.人材の豊かさNo.1
風通しのよい明るい風土と人材育成No.1の信用金庫をめざす。

沿革

大正12年10月 有限責任 小名浜町信用組合設立
昭和 7年 6月 有限責任 小名浜町信用購買組合に改組
昭和 8年 5月 有限責任 小名浜信用販売購買利用組合に改組
昭和19年 7月 小名浜信用組合に改組
昭和25年 4月 小名浜町信用組合に改組
昭和27年 2月 小名浜信用金庫に改組
昭和49年 8月 小名浜信用金庫と植田信用金庫の合併により磐洋信用金庫発足
平成 4年10月 磐洋信用金庫と平信用金庫の合併によりひまわり信用金庫発足

シンボルマーク

logomark001

マークは7枚の花びらと24の種子で構成されています。
花びらはいわき7浜、種子は合併当時のひまわり信金24店(現在は17店(うち出張所1カ所))に由来し、いわき市の地形を描いています。
大きく広がる安定した花びらは、「金融機関としての信頼感、お客様との親しみある関係、柔軟な発想を持った職員のチャレンジ精神」を表現しています。
さらに、花びらから飛び出した多くの種子は、「ふるさといわきに生活する人々を表し、地域の豊かな生活と企業の発展を願う」当金庫の気持ちを表現しています。
また、デジタリックなデザインは、情報化・自由化に対応する先進的な金融機関をめざす、ひまわり信用金庫の姿勢を象徴しています。
シンボルカラーのオレンジイエローは、「太陽の光を浴びて明るく輝くひまわりの親しみやすさと活動性」、種子のディープブルーは、「いわきの澄み切った海と空、そして洗練された知性」をそれぞれ表現しています。
マークは7枚の花びらと24の種子で構成されています。

組織図

sosikizu

Copyright(C) 2011 by Himawari SHINKIN BANK Corporation. All Rights Reserved