姫路信用金庫 金融機関コード : 1685

ホーム サイトマップ

文字サイズ

標準 大きく

ごあいさつ

理事長お写真

 平素より姫路信用金庫をお引き立ていただきまして、まことにありがとうございます。

 わが国経済は、企業業績や業況感の改善を受けた設備投資の拡大や好調な世界経済を背景とした輸出の増加などにより、緩やかながらも成長が続いてきました。また、個人消費についても雇用・所得環境の着実な改善を背景に緩やかに増加しており、企業・家計の両部門において所得から支出への前向きの循環メカニズムが持続しています。金融面においては、日本銀行が「物価安定目標」実現に向けて、マイナス金利政策に加え、長短金利操作付き量的・質的金融緩和政策を継続し、物価安定目標が持続的に達成されるまで強力に金融緩和を推進する姿勢を継続的に示しています。

 このような情勢のもと、当金庫は新3ヵ年経営計画に基づき、「営業基盤の強化」、「経営体質の強化」、「人材力・組織力の強化」を三つの柱とした取組みを進めてまいりました。「営業基盤の強化」では、「医療・介護・福祉」「海外進出企業支援」「創業支援」分野などに注力する『成長分野強化プロジェクト』特命チームによる推進活動に加え、本年度からは地域経済活性化に向けた取組みの強化として、顧客課題解決支援に注力するための組織を発足させ、「成長力の強化」「企業の経営改善」「担保・保証依存の融資姿勢からの転換」などの取組みを進めています。「経営体質の強化」では、業務の効率化を図るため、営業店業務のうち相続業務について本部集中化を進め、平成30年度から全営業店で運用を開始しています。「人材力・組織力の強化」では、お客さまの課題解決に応え得る人材の育成を目指し、新入職員に対する人材育成計画の策定や、女性職員の活躍を促進するため、担当可能業務の拡充を図り、預り資産販売の増強に取り組んできました。

 これらの取組みに注力してきた結果、本年度の業務純益は16億8千6百万円となりました。また、貸出金償却・貸倒引当金繰入額が9億3千4百万円となるなどした結果、経常利益は6億6千8百万円を計上しました。また、当期純利益は5億7千9百万円となりました。

 日本銀行によるマイナス金利政策が長期化するなか、金融機関においては資金運用利回りの低下基調が続いており、当金庫はこのような環境においても持続的発展が可能な経営を行うことが必要となっています。当金庫は“Small is Beautiful”の言葉に表されるように、小さくてもキラリと輝く存在である中小企業や家族を、地域において何より守るべきものと捉え、お客さまとのちょっとした心のふれあいが大きなおつきあいに繋がっていくという“小さなふれあい、大きなおつきあい”のスローガンのもと、更なる営業活動の充実に向けて取組みを進めてまいります。

 みなさまには、なお一層のご支援・ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。