HOME > 観光のご案内 > 和気清麻呂

観光のご案内

和気神社

和気清麻呂は天平5年(733)備前国藤野郡(現和気町)に生まれ、日本の古代史の中で奈良時代から平安時代の転換期に活躍した人物です。桓武天皇の信任を得て近畿地方の河川改修や開削を行って治水に努め、数多くの土木工事を行いました。美作・備前国造として郡民の負担軽減を図るなど民生の安定と発展に努め、常に誠実に業務をこなし摂津大夫、民部大輔、中宮大夫、民部卿を歴任しました。特に至誠を貫いた道鏡事件、及び平安遷都は彼の立案であったことなどは史上有名です。
隣には日本一の「藤公園」があります。

アクセス

自動車では、岡山市から国道2号線を東進約35km、備前市伊部交差点で左折。約10km北進。そこが、和気郡和気町。

「藤公園」の看板を見つけて、道なりに進んで下さい。

電車では、山陽本線「和気(わけ)」下車。和気駅より約4キロ(タクシーで10分)。