HOME >個人型確定拠出年金

ローンのご案内

個人型確定拠出年金とは?
個人型確定拠出年金は公的年金に上乗せする年金制度で、加入されるご自身が運用商品や掛金の額を決め、その運用結果によって将来受け取る年金額が決まる年金制度です。
個人型確定拠出年金により、自営業者や企業年金を導入していない企業の役員・従業員の方に、税制メリットを受けながら老後資金を積み立てていただくことができます。

詳しい情報は、『東京海上日動 確定拠出年金』をご覧下さい。
※上記リンク先は、東京海上日動のホームページとなります。

■税制面で大きなメリットが3つあります。
■お金を積み立てるとき<拠出>
1.掛金全額が所得控除されます。
 確定拠出年金の掛金は全額が小規模企業共済等掛金控除
 の対象となります。
■運用をするとき<運用>
2.運用でふえた分(運用益)に税金はかかりません。
 一般的な金融商品では運用益に対して税金がかかりますが、
 確定拠出年金では運用益に税金はかかりません。
■受け取るとき<受給>
3.公的年金等控除・退職所得控除が受けられます。
<年金として定期的に受け取る>
 雑所得(公的年金)として課税され、公的年金等控除が
 適用されます。
<一時金として一括で受け取る>
 退職所得として課税され、退職所得控除が適用されます。

■運用商品や運用割合はお客様自身にお選びいただきます。

■原則として60歳(受取開始可能年齢)まで途中の引出しはできません。