融資の基本方針(クレジットポリシー)

ホーム > 融資の基本方針(クレジットポリシー)

当金庫は経営理念である「地域金融機関として、地元中小企業・個人事業者、一般個人を対象とした 最良のサービスの提供に努め、地元の企業や住民の方々と共存共栄を図り、最も信頼される金融機関 の創造を目指す」をもとに、「融資の基本方針(クレジットポリシー)」を制定し、公正、適正な業務 運営を貫くとともに、自らの経営の健全性を確保し、お客さまから十分な信認を得られるよう取り組 んでまいります。

1. 融資の対象
協同組織の金融機関として小口・多数融資を原則に、地元中小企業・個人事業者、一般個人を対象として地域社会の発展につながる融資を心がけるとともに、地域社会との共存共栄を図っていきます。
2. コンプライアンスと社会的信頼
金融機関としての社会的責任と公共的使命を十分認識し、各種法令や業務上の諸規則を厳格に遵守するとともに、反社会的勢力への融資を厳に排除するなど、健全な倫理観に基づく融資判断をすることによって地域社会における当金庫の信用と信頼を高めていきます。
3. 顧客への説明態勢
融資契約およびこれに伴う担保・保証契約に際しては、対等な立場でお客さまの知識、経験および財産の状況をふまえ、お客さまおよび連帯保証人さまにご理解いただけるよう、的確な説明を行います。
4. 適切な融資慣行の確立
融資審査にあたっては、営業推進部門と独立した審査部門により、お客さまの財務状況の分析、資金使途の適切性、返済計画の妥当性などを総合的に検討してお客さまの実態を把握し、担保・保証に過度に依存しない融資を行います。
また、個人連帯保証を求めない融資慣行の確立に努めます。
5. 資産の健全化
信用格付を踏まえた自己査定ならびに継続的なモニタリングの実施により、常に融資先の実態把握に努め、適切な企業支援等を行い、資産の健全性の維持・向上を図ります。
6. 適正な収益の確保
信用リスク管理により、資産の健全化を図り、信用リスクに見合った適正な貸出金利の設定により、収益の安定・向上に努めます。

このページの先頭にもどる