お客さま本位の業務運営(フィデューシャリー・デューティー)に関する取組方針

ホーム > お客さま本位の業務運営(フィデューシャリー・デューティー)に関する取組方針

枚方信用金庫(理事長:吉野敬昌)は、当金庫の基本方針に基づいて、常にお客さまの側に立ち、地域の中で培った様々なノウハウを最大限活かし、地域金融機関としての役割を果たすことを目的としてまいりました。

この度、平成29年3月30日に金融庁より「顧客本位の業務運営に関する原則」が公表されたことに鑑み、「お客さま本位の業務運営(フィデューシャリー・デューティー)に関する取組方針」を策定し、公表することといたしました。

なお、この取組方針は「お客さま本位の業務運営を徹底し、お客さまの資産形成・運用を適切に支援することで、金庫の信頼性、健全性を高め、お客さまに選ばれる地域金融機関としての基盤を築く」ことを目的とし、お客さま本位の業務運営を向上し続ける取組みや成果を継続的にモニタリングすることで、適宜見直しを行ってまいります。

お客さま本位の業務運営(フィデューシャリー・デューティー)に関する取組方針

1.
お客さまに対して誠実・公正に業務を行い、お客さまにとって最善の利益をご提供いたします。
  • 商品・サービスのご提案にあたっては、お客さまの金融知識・財産の状況を正確に把握させていただいたうえで、適切な金融商品をお客さまにご理解いただける形でご提案するよう努めます。
  • お客さまのライフサイクルに応じたサービス・商品をご提案いたします。
2.
お客さまのニーズにお応えできる金融商品の充実に努めます。
  • お客さまの多様なニーズにお応えするため、金融商品・サービスのラインアップの充実に努めてまいります。
  • 取扱商品は、商品の特性やリスクを十分に把握して選定するように努めます。
3.
ご提供する情報の充実と、分かりやすい説明をいたします。
  • お客さまが商品の内容をご理解できるよう、商品・サービスに含まれるリスクや手数料をできる限りわかりやすくお伝えしてまいります。
  • 商品・サービスの説明資料については、適宜改善するよう努めます。
  • 商品販売後においてもアフターフォローの充実に努め、経済環境や市場動向を踏まえた適切な情報提供に努めます。
4.
お客さま本位の業務運営を行うため、販売態勢の整備と人材育成に努めます。
  • お客さまの声を真摯に受け止め、より良い販売態勢の整備に取り組んでまいります。
  • 「お客さま本位」の考え方を、研修等によりすべての職員に浸透させるとともに、販売態勢に反映してまいります。

このページの先頭にもどる