ホーム個人のお客さま法人のお客さま平塚信用金庫についてご相談・お問い合わせ お客さま相談室

教育研修

平塚信用金庫では職場内教育であるOJT教育をはじめ、集合研修などOFF-JT教育、そして通信教育の3分野の教育研修体系を構築。金融プロフェショナルが持つべきさまざまなノウハウを伝授していくのと同時に、個人のステップアップもバックアップしていきます。

導入研修~OJT教育

新入職員を対象とした研修では、職場環境に慣れ親しみ、自分の担当業務について徐々に理解を深めて行ける体制を整えています。まず入庫後約2週間は、新人職員のための導入研修です。ここでは、社会人としてのマナーを学ぶと共に、指示待ち人間からの脱却をめざして自主性を育みます。その後職場に配属されてからは、OJTによる教育です。ここで皆さんにとっていちばん身近な存在として接するのがマンツーマン指導員。そのほとんどが入庫3~5年目程度の先輩職員で、仕事の面だけでなく、さまざまな相談に乗ります。入庫後3ヶ月を経過すると補修研修として、担当業務についての、より実践的な知識を習得。そして半年後にはカウンセラーが配属先を一店一店巡回して、フォローアップ面接を実施し、仕事の上での不安などについて話し合いの機会を設けています。

OFF-JT教育

OFF-JT教育は、社内での集合研修と他機関が主宰する研修に参加する外部派遣の2本立てです。まず社内での集合研修では、管理者育成研修やキャリアアップ研修など、入庫後のステップアップを照準に入れた研修があります。また外部派遣研修では、マネジメント能力の開発や、個別業務の専門知識習得などを目的に、全信協や関信協主催の講座へ積極的に派遣。また、庫内選抜方式で中小企業診断士養成講座への派遣なども定例化しています。

通信教育/資格取得援助

平塚信用金庫では、自分の能力を積極的に磨いていけるよう、通信教育の活用を進めています。基礎科目、業務指定講座、自由選択講座の3分野がありますが、とくに基礎科目のうち半分は全職員の必須科目で、残りは上級職への昇格要件としています。自由選択講座は自己啓発のためのプログラムで、自分のキャリアプランやライフデザインに合わせて選択可能。修了者には半額を援助しています。また、公的資格取得奨励制度の活用により、中小企業診断士、社会保険労務士、宅地建物取引主任者などの資格取得に挑戦することもできます。これらの研修メニューについては、毎年職員に「通信教育講座の案内」を配布し、積極的な活用を促しています。

ページの先頭へ戻る