文化事業

公益財団法人ひろしん文化財団

広島信用金庫設立50周年を記念して、平成7年3月、地域の文化振興に寄与することを目的に設立され、平成22年12月に公益性が認められ、公益財団法人に移行いたしました。 「ひろしま平和能楽祭」、青少年に能楽との出会いの機会を与える「青少年のための能楽鑑賞教室」、「日本画展」を中心に活動しています。

ひろしま平和能楽祭

毎年11月に開催している「ひろしま平和能楽祭」は、各流派のご宗家をはじめ、日本を代表する方々にご出演いただき、広島を代表する文化イベントになっており、地域の皆さまに喜ばれています。この能楽鑑賞は一般公募で、毎回多数のご応募をいただいています。
(平成3年発足 過去28回開催)

青少年のための能楽鑑賞教室

若い世代に日本の古典芸能にもっと親しんでいただこうと、青少年を対象に毎年5月に「青少年のための能楽鑑賞教室」を開催しています。先生や生徒の皆さまからも「伝統文化に対する関心と理解を深めるのに絶好の機会」と高い評価をいただいています。
(平成3年発足 過去28回開催)

日本画展

日本画展毎年4月・10月に、八丁堀支店10階ひろしんギャラリーにおいて、日本画展を開催しています。「一作家一作品」にこだわり、日本画壇を代表する多くの巨匠や新進画家の作品を展示しており、たくさんの皆さまにご鑑賞いただいています。
(平成元年発足 過去52回開催)

ひろしん経営者協議会

ひろしん文化講演会

毎年1回、経済や政治などの専門家を講師にお招きして旬のテーマで講演会を開催しており、毎回多数の皆さまより大変ご好評をいただいています。
(平成7年発足 過去24回開催)

ページトップ