広島信用金庫の一般事業主行動計画

広島信用金庫は、職員全員が働きやすい環境をつくることによって、職員が仕事と子育てを両立させることができ、全ての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

  1. 計画期間
    平成30年4月1日から平成33年3月31日までの3年間
  2. 内容
    目標1
    計画期間内に育児休職の取得率を、下記の水準以上にする
    男性職員  計画期間内に1人以上取得すること
    女性職員  取得率を95%以上にすること
    <対策>
    平成30年4月~
    社内メール等を利用した周知・啓蒙の実施
    目標2
    計画期間内に育児休職者の復職率を、95%以上にする
    <対策>
    平成30年4月~
    復職時における配属店舗の配慮を引き続き行うとともに短時間勤務制度、看護休暇制度等の有効活用等により、雇用環境の整備を実施する
    定期的に育児休職者向け説明会を実施する
    目標3
    子供の出生時における父親の出産休暇の取得率を50%以上とする
    <対策>
    平成30年4月~
    社内メール等を利用した周知・啓蒙の実施により利用の促進を行う
    目標4
    所定外労働の削減を推進する
    <対策>
    平成30年4月~
    社内メール等を利用して、定時退庫の実施の再徹底等により、所定外労働の削減を推進する
ページトップ