お知らせ

遺贈による寄附に関する地方独立行政法人広島市立病院機構との協定締結について

平成30年11月15日

広島信用金庫(理事長 武田 龍雄)では、地方独立行政法人広島市立病院機構(以下、広島市立病院機構)との間で遺贈(遺言による寄附)に関する協定を、三井住友信託銀行株式会社と共に締結しましたのでお知らせいたします。
この提携は、広島市立病院機構へ遺贈を希望されるお客さまに対し、当金庫が信託銀行等の専門家と連携し、お客さまのご相談やお手続きのサポートを行うものです。
当金庫では、今後ともお客さまの多様なニーズにお応えすると同時に、地域の基幹病院等を運営する広島市立病院機構を通じた地域社会の発展に取り組んでまいります。


1.協定の概要
協定締結先 地方独立行政法人広島市立病院機構 理事長 影本正之
締結日 平成30年11月15日(木)
提携内容
(1) 広島市立病院機構(広島市民病院・安佐市民病院・舟入市民病院・リハビリテーション病院)は、遺贈の相談があった場合、提携する金融機関の一つとして広島信用金庫を紹介する
(2) 広島信用金庫は、お客さまのご意向を確認・相談のうえ、信託銀行等の専門家と連携してご相談・お手続きをサポートする

以 上


ページトップ