ニュースリリース

ひろしま農林漁業成長支援ファンドの設立(出資)について

平成25年12月20日

株式会社広島銀行
広島信用金庫
株式会社みずほ銀行
株式会社広島ベンチャーキャピタル

 株式会社広島銀行、広島信用金庫、株式会社みずほ銀行、株式会社広島ベンチャーキャピタルは、株式会社農林漁業成長産業化支援機構(以下、機構)と共同して本日契約締結された「ひろしま農林漁業成長支援投資事業有限責任組合」(以下、本ファンド)に対し、総額10億円を出資し2014年1月1日に設立することを決定しました。なお、本ファンドの運営は、株式会社広島ベンチャーキャピタルが行います。

 本ファンドは、地域において強固な基盤を持ち地域を代表する金融機関「広島銀行、広島信用金庫」と、全国ならびにグローバルなネットワークを有する「みずほ銀行」、そして農林漁業者に対する高度なノウハウを有する「機構」が一体となり、生産から加工、流通、販売までを総合的かつ有機的に結びつけるネットワーク構築をサポートし、地域の※6次産業化推進を目的としています。
 投資先となる6次産業化事業体への出資・経営支援を通じ、農林漁業の競争力を高めることで、地域経済の活性化、雇用創出に取り組んでいきます。

以 上

(ご参考:ファンド概要)

名称 ひろしま農林漁業成長支援投資事業有限責任組合
ファンド総額 1,000,000千円
設立目的 投資先事業者の事業成長を実現し、地域の農林漁業者の付加価値向上に繋げ、結果として地域経済の活性化を実現することを目指します
出資者内訳
㈱農林漁業成長産業化支援機構
㈱広島銀行
広島信用金庫
㈱みずほ銀行
㈱広島ベンチャーキャピタル
500,000千円
290,000千円
100,000千円
100,000千円
10,000千円
組合契約締結日 2013年12月20日
ファンド運営会社 株式会社広島ベンチャーキャピタル
存続期間 15年
 ※ 6次産業化とは 
   地域の第1次産業とこれに関連する第2次、第3次産業(加工・販売等)に係る事業の融合等により地域ビジネスの展開と新たな業態の創出を行う取り組みのことをいいます。

 お問い合わせ先
株式会社広島銀行 082-504-3861 (法人営業部 金融サービス室 西岡)
広島信用金庫 082-245-0355 (お客様サポート部 新事業サポート室 佐藤)
株式会社みずほ銀行 03-5252-6574 (コーポレート・コミュニケーション部 広報室 坂内)
株式会社広島ベンチャーキャピタル 082-504-3979 (岩本)
ページトップ