ニュースリリース

「ひろしん農業育成ファンド」の組成について

平成26年5月1日

広島信用金庫
ひろしんビジネスサービス株式会社

 広島信用金庫(理事長 坪井 宏)、では、設立70周年(平成27年5月)へ向けた記念事業として、地域課題のひとつである県内農業の活性化をめざし、ファンドによる取引先サポートを開始します。本日、ひろしんビジネスサービス株式会社(代表取締役 味呑 文雄)と契約締結し、出資総額5億円の「ひろしん農業育成投資事業有限責任組合」(以下「ひろしん農業育成ファンド」)を設立いたしましたので、お知らせいたします。

ひろしん農業育成ファンドの概要
組合名称 ひろしん農業育成投資事業有限責任組合
設立目的
  • 県内の意欲的な農業経営体を対象として、直接投資と経営支援を一体的に行い、県内農業の持続的発展をめざします。
  • 投資先の成長が雇用創出や関連事業者の活性化につながり、結果として地域経済の活性化を実現することをめざします。
ファンド
運営会社
ひろしんビジネスサービス(株)(広島市中区富士見町3番15号)
出資約束金額 500百万円(総出資口数100口)
出資者の
募集状況
無限責任組合員 ひろしんビジネスサービス(株) 5百万円 ( 1口)
有限責任組合員 広島信用金庫 495百万円 (99口)
組合設立日 平成26年5月1日
組合存続期間 平成26年5月1日~平成41年3月31日(14年11ヵ月)
投資期間 平成26年5月1日~平成36年4月30日(10年)
出資払込方式 キャピタルコール方式
注) ひろしんビジネスサービス(株)は広島信用金庫100%出資の子会社であり、当ファンドの無限責任組合員として、投資活動等の運営を行います。
   
   くわしくはこちらから

以 上

ページトップ