ニュースリリース

公益財団法人ひろしま産業振興機構との
創業・新事業に関する「業務連携・協力に関する覚書」締結について

平成26年7月1日

 広島信用金庫(理事長 武田 龍雄)では、地域の皆様の創業や新事業展開のサポートへの体制強化に向けた新たな取組みとして、公益財団法人ひろしま産業振興機構と創業・新事業に関する「業務連携・協力に関する覚書」締結いたしますので、お知らせします。

1.目的
 広島県内における多様な創業や新規事業において、企業の創出をサポートし、地域経済の発展と活性化に資することを目的とします。
2.業務連携・協力の内容
(1)  個人および個別企業からの依頼に基づく広島信用金庫とひろしま産業振興機構の共同支援
  1)創業者の求める情報の共同提供
2)事業計画書策定のアドバイスおよびブラッシュアップ
  3)資金計画へのアドバイスと評価、資金調達への関与
  4)創業後に生じた課題解決への関与
  5)その他、必要と思われる創業支援
(2) 双方が実施する創業支援制度の周知および紹介
(3) セミナーの共同企画および開催
(4) その他、甲および乙の協議で必要と認められた事項
  【連携イメージ】
3.協定締結日      
  平成26年7月1日(火)
4.その他  
  広島信用金庫では、平成17年9月に日本政策金融公庫(当時国民生活金融公庫)と創業・新事業支援等の分野に係る「業務連携・協力に関する覚書」を既に締結しております。それに伴い、起業家の事業計画策定を支援し専門家の前で事業計画をプレゼンテーションしてもらう「創業応援サロン」を開催するなどしており、日本政策金融公庫の持つノウハウ・情報等の提供を受けながら、ひろしん創業創業支援センター「B-スクエア」を拠点に各種支援を行っております。
  今後も地域の皆様の創業や新事業の展開を地域一丸となった体制で、広島の創業をバックアップしていきます。

以 上

ページトップ