ニュースリリース

都市と農村の交流事業『第3回 アグリツーリズム in 三次』の実施について

平成29年11月27日

 広島信用金庫(理事長 武田 龍雄)では、当金庫職員50名程度が実際に農作業支援を通じて中山間地域における農業事業者と交流を図る企画「アグリツーリズムin三次」を開催いたしますのでお知らせいたします。
 本企画は、「ひろしん農業育成ファンド(平成26年5月設立)」の投資先との“パートナーシップ協定”に基づき継続実施するものです。
 キャベツ収穫作業やドローン体験操作など日頃体験できない活動や近隣住民との交流を通じて地域活性化に貢献します。  
※パートナーシップ協定…ファンド投資先と当金庫が双方の強みを活かして農業振興・地域活性化に取り組む協定

『アグリツーリズム in 三次』の概要
目的 当金庫職員による農作業交流により投資先との連携強化、地域活性化をはかる
  • 投資先への従来型(資金繰、販路)支援に加えて、農作業サポートを行うことで投資先とのさらなる連携強化をはかります
  • 当金庫職員の地産地消意識の向上・地域内好循環・地域活性化へ繋げていきます
日時 平成29年12月2日(土) 8:00~17:00
会場 株式会社 vegeta キャベツ圃場  (三次圃場:三次市向江田町)
実施内容
8:00   広島駅発(バス移動)
9:30   キャベツ講習会、作業説明
10:00   農業作業(キャベツ収穫など)、昼食準備
12:00   昼食(vegeta三次農場近隣住民との交流を含む)
13:00   ドローン操作体験
14:30   入浴(君田温泉)
17:00     広島駅着
主催 広島信用金庫  (協力)株式会社 vegeta
 本企画は、「地方創生」に向け投資先と当金庫が連携して取り組む企画です。今後も当金庫のアグリビジネス支援活動で得たネットワークを活用した企画を展開してまいります。

以 上

ページトップ