ジュニアNISA

ジュニアNISAとは

ジュニアNISAは、平成28年4月からスタートした未成年者を対象としたNISA制度の愛称で、0歳~19歳までの方が対象になります。
一人あたり年間80万円までを上限とし、上場株式、公募株式投資信託から得られる普通分配金(配当所得)や運用益(譲渡所得)等にかかる税金が非課税になります。

  • 所得税に復興特別所得税が付加され、平成25年1月から10.147%、平成26年1月から20.315%となります。

ジュニアNISAのポイント

  • 日本にお住まいの0歳~19歳の方が対象

    日本にお住まいの方で、ジュニアNISA口座を開設する年の1月1日時点で19歳以下の方が対象です。運用・管理は親権者等が代理で行います。
    ジュニアNISA口座はすべての金融機関を通じて1人1口座しか開設できません。
    また、口座開設後の金融機関の変更はできません。(口座廃止後の再開設は可能です。)

    親権者(両親等)
    親権者が代理で運用・管理します。

    本人
    お子さまご自身が未成年者の場合、自分のジュニアNISA口座を運用・管理することはできません。

  • 非課税投資枠の上限は毎年80万円

    ジュニアNISA口座を通じて、上場株式や株式投資信託等を購入できる限度額(非課税投資枠)は、一人年間80万円です。

  • 非課税期間は投資を開始した年から5年間

    ジュニアNISA口座の非課税期間は、投資した年から最長5年間です。
    非課税期間の終了時、80万円を上限として翌年設定される新たな非課税投資枠に移管するか、課税ジュニアNISA口座に移管するかをお選びいただけます。

    ジュニアNISAイメージ(20歳前に制度が終わる場合)
    • 1月1日現在の年齢
    ジュニアNISAイメージ(制度期間内に20歳になる場合)
    • 1月1日現在の年齢
  • 18歳まで払出し制限あり

    ジュニアNISAは、お子さまの将来に向けた資産運用のための制度であるため、お子さまが18歳になるまでの期間、災害等のやむを得ない場合を除き、原則として払出しが制限されます。

ジュニアNISAとNISAの違い

ジュニアNISA NISA
制度の利用可能者 0~19歳の日本国内にお住まいの方 満20歳以上の日本国内にお住まいの方
非課税対象 公募株式投資信託や上場株式等の売却益や配当等
投資可能期間 平成35年12月末まで
非課税期間 最長5年間
年間投資限度額 年間80万円を上限とし、5年間で最大400万円 年間120万円を上限とし、5年間で最大600万円(平成28年1月より年間投資上限が100万円から120万円に拡大しました)
運用管理 原則として、親権者等が未成年者のために代理して運用を行います。
18歳※1までは払出制限があります※2
口座名義人が運用を行います。
払出制限はありません。
金融機関変更 変更不可 毎年変更可
  • 3月31日時点で18歳である年の前年の12月末まで払出しできません。
  • 災害等やむを得ない場合には非課税での払出しが可能。

ジュニアNISAの活用イメージ

相続対策に活用

相続税法の改正により、平成27年1月より相続税の基礎控除が引き下げられました。そこで、ジュニアNISAの非課税枠を利用した生前贈与によって相続財産を減らしておくことで、相続税の負担を軽減することができます。

相続税の基礎控除について

活用例

ジュニアNISA口座の非課税枠を利用しましょう!

“じょうほく”で
投資信託をはじめよう

お取引開始までのお手続き

じょうほく
投信インターネットサービス

お問い合わせ・ご相談はこちら

城北信用金庫 国際資金部

各営業店の窓口・電話でもお問い合わせを受け付けております。

投資信託ご購入にあたっての留意事項等

  1. 投資信託は預金、保険契約ではありません。
  2. 投資信託は預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
  3. 当金庫が取り扱う投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
  4. 投資信託の設定・運用は委託会社が行います。
  5. 投資信託は元本および利回りの保証はありません。
  6. 投資信託は、組入有価証券等の価格下落や組入有価証券等の発行者の信用状況の悪化等の影響により、基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。また、外貨建て資産に投資する場合には、為替相場の変動等の影響により、基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。
  7. 投資信託のご購入時には、買付時の一口あたりの基準価額(買付価額)に最大3.24%(消費税込)の申込手数料、約定口数を乗じて得た額をご負担いただきます。換金時には、換金時の基準価額に最大0.5%の信託財産留保額が必要となります。また、これらの手数料等とは別に投資信託の純資産総額の最大約1.944%(消費税込)を信託報酬として、信託財産を通じてご負担いただきます。その他詳細につきましては、各ファンドの投資信託説明書(交付目論見書)等をご覧ください。なお、投資信託に関する手数料の合計は、お申込金額、保有期間等により異なりますので表示することはできません。
  8. 投資信託の運用による利益および損失は、ご購入されたお客さまに帰属します。
  9. 投資信託には、換金期間に制限のあるものがあります。
  10. 投資信託の取得のお申込みに関しては、クーリングオフ(書面による解除)の適用はありません。
  11. 投資信託をご購入にあたっては、あらかじめ最新の投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面等を必ずご覧ください。投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面等は当金庫本支店等にご用意しています。
  12. 当ホームページは当金庫が独自に作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。

商号等 :城北信用金庫 登録金融機関 関東財務局長(登金)第147号
加入協会:日本証券業協会

ページの先頭へ