TOP > コミュニティ > Johoku Journey > #11大相模調節池

越谷市レイクタウン 大相模調節池 (一般社団法人 越谷市観光協会)

住所 〒343-0828
  埼玉県越谷市レイクタウン4-1-4
最寄駅 JR武蔵野線越谷レイクタウン駅徒歩5分
営業時間 9:00~17:00
レンタサイクルの利用時間 9:00~16:00
休館日 水曜、年末年始
ホームページ http://www.koshigaya-sightseeing.jp/

 

 

内陸型の親水都市・越谷レイクタウン。かつてはのどかな田園地帯でしたが、2008年にJR武蔵野線越谷レイクタウン駅とイオンレイクタウンが開業し、住宅も次々と建てられ、およそ1万7000人が暮らすエリアに成長しました。

越谷レイクタウンの面積の約17パーセントを占めるのが大相模調節池です。東京ドーム一杯分に匹敵する水を貯められる調節池の完成によって、周辺の洪水被害は大きく軽減されました。水鳥が泳ぐ調節池の周囲には、車道を横断せずに周回できるレイクサイドウォーク(全周約5.7㎞)が整備されています。

平たんな地形の越谷はサイクリングに最適です。特にニュータウン内の主な道路は自転車専用レーンが設けられ、スイスイ走行できます。

越谷市観光協会は2019年2月、サイクリングとカフェ巡りを同時に楽しめる企画「こしがやサイクルカフェ」を始めました。登録したカフェ10店舗にサイクルラック、修理工具、空気入れを整備して、サイクリストのおもてなしに努めています。

カフェの地図が載っている小冊子は、調節池のほとりにある同観光協会でもらえます。また手ぶらで越谷に来た人でも自転車旅ができるよう、ロードバイクや軽快車、子ども用自転車などを貸し出しています。

暖かくなってきたこの季節、多くの河川に囲まれた“水郷こしがや”の魅力を探しに行きませんか。