TOP > 重要なお知らせ一覧 > 東日本大震災にかかる当金庫の対応について

東日本大震災にかかる当金庫の対応について

東日本大震災により被災された皆さま、ご家族の皆さまに心からお見舞い申し上げますとともに、被災地の一日も早い復興をお祈りいたします。

なお、このたびの震災にかかる当金庫の対応状況や、お客さまへのお知らせは下記の通りです。

被災信用金庫のお客さまに対する預金の代払いについて [2011/04/13掲載]

このたびの震災や原発事故に伴い、一時的にお住まいの地域を離れて避難されている方が、当金庫窓口にて被災信用金庫の預金の払い戻しを希望された場合には、下記の通り対応させていただきます。

対象となるお客さま (2011/04/05現在)

次の信用金庫に、普通預金口座または貯蓄預金口座をお持ちの個人のお客さま
( )内は本店所在地

宮古信用金庫(岩手県宮古市) 杜の都信用金庫(宮城県仙台市)
石巻信用金庫(宮城県石巻市) 気仙沼信用金庫(宮城県気仙沼市)
ひまわり信用金庫(福島県いわき市) あぶくま信用金庫(福島県南相馬市)

払出限度額

1口座について、1日1回、残高の範囲内でかつ10万円以内

お手続き

店舗窓口にて、所定の書類に必要事項をご記入いただきます。 また、ご本人確認書類(運転免許証・パスポート・各種年金手帳・各種福祉手帳・各種健康保険証・外国人登録証明書 等)をご提示ください。 なお、預金通帳・お届け印等を紛失された場合でも、別途ご本人さまであることを確認のうえ、一定の範囲内での預金払い戻しには弾力的に対応させていただきます。

取扱開始日

平成23年3月28日(月)

店舗ATMのご案内へ

ページの先頭に戻る

震災に便乗した義援金詐欺などにご注意ください! [2011/05/30掲載]

東日本大震災に便乗した詐欺事件が続発しています。 手口も多様化していますので、十分ご注意ください。

  • 市区町村の職員や実在のボランティア団体を装い、義援金と称してお金をだまし取る
  • 公的機関と紛らわしい名称をかたり、被災地支援をうたってお金をだまし取る
  • 電気・ガス設備の点検・修理名目で、工賃をだまし取る
  • 架空の融資話をFAXなどで送りつけ、融資を申し込んだ者から、融資保証金や事務手数料などの名目でお金をだまし取る
  • 被災地にいる身内を装った電話で、お金をだまし取る など

震災にかこつけて、現金や振り込みを求める訪問や電話・FAXがあった場合には、支払ったり振り込んだりする前に、相手方をよく確認し、被害に遭わないようご注意ください。 また、少しでも不審な点がある場合には、最寄りの警察署に相談・通報してください。

ページの先頭に戻る

被災地復興支援の取り組みについて

被災地の復興にお役立ていただくため、金庫および役職員から、下記の通り義援金・支援物資をお届けいたしました。

  • 役職員からの 義援金600万円を、全国信用金庫協会(全信協)を通じ、被災地の自治体に寄贈いたしました。
  • 役職員からの 支援物資(飲料水・食料品・衣類・毛布・衛生用品等)を、東京都信用金庫協会(東信協)を通じ、被災地の自治体および被災信用金庫にお届けいたしました。
  • 金庫からの 支援見舞金1千万円を、全信協を通じ被災信用金庫に寄贈いたしました。


「《じょうほく》東日本大震災津波遺児支援定期預金『希望をつむぐ』」による、あしなが育英会への寄付を行いました。

  • 取扱期間 平成23年7月11日~9月30日
  • 本定期預金の趣旨にご賛同いただいたお客さまから、1,006件・404百万円のお預け入れをいただきましたので、残高の0.02%・8万円に当金庫から12万円を加え、総額20万円を寄付金といたしました。
  • 12月27日、あしなが育英会「東日本大地震・津波遺児募金」に寄付いたしました。


信用金庫業界としての支援活動 [2017/03/09更新]

日本赤十字社 東日本大震災義援金の取り扱い


  • 全国約7,400店舗(更新日時点)のしんきん窓口にて、お客さまからの義援金を受け付けております。
    平成29年2月10日現在、累計で約57億5千万円のご協力をいただいております。

しんきん「地域応援」キャンペーン

  • 平成25年6月1日~6月30日
  • オープン懸賞への応募数に応じた金額を、あしなが育英会「東日本大震災・津波遺児への支援活動」へ寄付します。
  • 本年は総額110万2,750円をあしなが育英会へ寄付いたしました。
    ※全国からのオープン懸賞へのご応募件数(11万275件)×10円

東日本大震災2千円募金

  • 平成23年3月24日~4月22日
  • 全国271の信用金庫、および関係団体等の役職員 約12万人が参加
  • 募金総額 3億7,340万円
  • 被災者支援にお役立ていただくため、被災地の自治体に寄贈いたしました。

被災信用金庫への支援見舞金

  • 平成23年3月30日~5月31日
  • 全国146信金・4関係団体から 総額 12億5,790万1千円

支援物資の提供

  • 平成23年3月16日~4月5日
  • 東信協会員金庫および関連団体から
  • 飲料水・食料品・衣類・簡易トイレ・寝袋・衛生用品等の物資を、被災地の自治体および被災信用金庫にお届けしました。

ページの先頭に戻る

その他のお知らせ

[2017/03/09更新]

[2011/03/30掲載]

ページの先頭に戻る