TOP > 商品・サービス > 経営支援・ビジネスサポート > 城北未来塾 > H30年第1回セミナー

「城北未来塾 平成30年度第1回セミナー&交流会」の開催について [2018/05/08]

標記セミナーは、終了しました。

「城北未来塾」平成30年度第1回セミナー&交流会を開催しました。

開催写真7月9日(月)ホテルラングウッド(東京都荒川区)にて、平成30年度第1回目となる「城北未来塾」を開催しました。「無印良品」を展開する、株式会社良品計画 前会長 松井忠光氏より、代表取締役時代に赤字からV字回復させた手腕や経営改革のアイデアについてご講演いただき、過去最多となる200名を超す若手経営者等にご参加いただきました。
松井氏は、経営悪化時にリストラを断行した経験から、背中を見て育つ経験主義に限界を感じ、「仕組みを見える化」すべく、現場の意見がすぐ反映されるマニュアルシステムを構築。セミナーでは実際に社員が利用しているシステムが投影されました。
また、「計画は5%で、実行が95%。戦力は二流でも、実行力が一流の会社が勝つ。」、「社風を変えるには上から変えなければならない。」、「岐路に立った時には困難な道を選択する。」などの経営姿勢をお話いただきました。
セミナー後の交流会にも、セミナー参加者の7割以上の方にご参加いただき、終了時間いっぱいまで交流を深めました。
次回の「城北未来塾」は2019年3月の予定です。若手経営者・後継者の異業種交流の場としてご活用いただきたく、多くの方のご参加をお待ちしております。


開催概要

今回お招きする講師は、株式会社松井オフィス 代表取締役社長で、株式会社良品計画 前会長の松井忠三氏です。
松井氏は、無印良品が赤字転落に陥り、「無印は終わった」とまで評された2001年に社長に就任し、組織を風土から改革するとともに、新商品開発、在庫管理、人材育成などあらゆる仕事を仕組み化し、抜本的な経営改革を断行、業績のV字回復を成し遂げました。
本講演では、松井氏が取り組み続けた"仕組み化"と、「個人の経験や勘に頼っていた業務を"仕組み化"し、ノウハウを蓄積する」ためのマニュアルの本質についてお話いただきます。

 

平成30年度第1回セミナー・交流会

タイトル
今こそ『V字回復』へ~"無印"流 経営のヒントと改革のアイデア~
[講師] 松井 忠三氏(株式会社松井オフィス 代表取締役社長、株式会社良品計画 前会長)
日  時
平成30年7月9日(月) 16:30受付開始
[第1部・講演] 17:00~18:40 / [第2部・交流会] 19:00~20:00
※例年より開始時間が1時間遅くなりますので、ご留意ください
会  場
ホテル ラングウッド 2階「飛翔」
東京都荒川区東日暮里5-50-5
JR/京成線/日暮里・舎人ライナー:日暮里駅南口徒歩1分
対象者
若手経営者の方、今後経営者となる予定の方
※金融機関およびコンサルタントの方はご遠慮ください
定  員
150名 (受付は終了しました)
参加費用
2,000円 (第1部のみのご参加も同額。当日受付にてお預かりします)
お申し込み方法
参加ご希望の方は、までに、下記[参加申込フォーム]のいずれかから必要事項をご入力のうえ、お申し込みください。
※複数名ご参加いただく方は、お手数ですがお一人ずつご登録ください。

[参加申込] ※第2部交流会へのご参加に応じて申込フォームが分かれております。
(定員に達したため、受付は終了しました)

[開催資料]
セミナー案内チラシ

ページの先頭に戻る