エントリー お問い合わせ
  • HOME


  • 城北を知る


  • 金庫概要


  • 先輩職員の声


  • 採用について
融資トップ画像
 私は入庫してから現在まで、一貫して融資業務を担当しています。一般職で入庫したのですが、入庫まもなく、融資のセクションに配属されました。その理由は、支店長が女性社員の登用に積極的だったためと聞いています。融資のセクションは総合職の職員が多く配属されるので、私に務まるかどうか不安を覚えましたが、上司や先輩方が優しく支えてくれたこともあって、何とか務めを果たせています。
 融資事務を4年ほど担当した後、融資受付窓口担当になり、来店するお客様の応対をしています。私は日頃、財務内容だけの融資審査をするのではなく、お客さまのお話しを丁寧に、詳細にわたってお伺いし、お客さま本位の姿勢を貫くことが、信用金庫の使命であると思い、業務に取り組んでいます。
 私が仕事の上で"やりがい"や"喜び"を感じるのは、ご来店されるお客様のお話しを丁寧にお聞きし、お客様にピッタリな金融商品をご提案でき、お客さまにお喜びいただいた時です。
 お客さまにとって最適な金融商品をご案内させていただくには、まず、お客様が当金庫にどのようなことをお求めなのかを把握しなければなりません。ですから、私は、お客様が気軽にご相談できるよう、なるべく専門的な用語を使わないように心掛けています。そうした、一つひとつの対応を続けることが、お客様への信頼につながり、結果として、融資の話に結びついたときは、とてもやりがいを感じます。
 また、お客さまになるべくお手間を取らせず、最小限のご来店で済むように、お伺いすべきことは一度にすべてお伺いできるよう、常に事前確認を心掛けています。このような行動が、お客さまのためになっているのか、直接的な反応を見ることはできませんが、少しでもお客様のご負担を減らすことにつながっていることを信じて、毎日、頑張っています。
 私が金融以外の業務で取り組んでいることは、地域で開催されるお祭りや催し物に積極的に参加することです。当金庫も地域の皆さまが支えてくださるからこそ成り立っていることを、融資業務を通じて改めて認識し、できる限り地域にお返しすべきだと痛感したためです。当金庫に就職して以来、地域に貢献したいという気持ちは年々強くなっています。
 そのほか、当金庫のホームページ上では営業店紹介ページがあり、私が所属している本店営業部をより多くの方に知っていただくため、そのリニューアル作業も担当しています。今はまだ不慣れで、更新するのも一苦労ですが、もっと、もっと、城北信用金庫を知っていだくため、地域の皆さまに貢献するため、地域へのアンテナを高く張り、ホームページを充実させていきたいです。そして、さらに地域との"密着"を深めるため、新しいことに挑戦していきたいです。
 当金庫の営業地域である城北地区は、下町気質の気さくな雰囲気にあふれ、お客さまは人情味ある温かな方ばかりです。当金庫は、そんな魅力的な地域・お客さまに貢献したいという意欲に満ちあふれています。私も"お客さまの立場"を常に意識して業務に励んでいます。
 また、当金庫は女性の登用に積極的です。女性支店長も誕生しましたし、営業職に抜擢された方もおります。最近では、新入職員研修も入庫後3ヶ月をかけるなど、特に若い世代の人材育成に力を入れているので、入庫される皆さまも大きな仕事を任されるのではないでしょうか。私自身もこのように登用された一人だと感じていますので、とても身の引き締まる思いでいます。これからは女性ならではの発想で、新しい商品を開発したり、お客さまへのきめ細やかなサービスを積極的に展開し、地域の皆さまから頼りにされる存在になりたいと思います。