金融機関コード:1323サイトマップ

商品一覧
取扱いファンド
国内債券型、外国債券型、国内株式型、外国株式型、国内不動産投資信託型、外国不動産投資信託型、資産複合型と豊富な種類を取り揃えております。
詳しくは以下をご覧ください。

国内債券型

〈ファンドの特色〉
中期利付国債をはじめとした公社債に投資し、日々の元本の安定性に配慮しながら運用を行います。

〈ファンドの特色〉
わが国の公社債に投資し、安定した収益の確保および投資信託財産の着実な成長を目指します。外貨建資産には投資しません。

外国債券型

〈ファンドの特色〉
世界主要先進国のソブリン債券(OECD加盟国の発行する国債、政府機関債等に分散投資します。外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。

〈ファンドの特色〉
主としてEMU(欧州経済通貨同盟)参加国の国債、政府機関債および国際機関債に投資します。外貨建て資産については、原則として為替ヘッジを行いません。

〈ファンドの特色〉
主として米国の国債、政府機関債および国際機関債に投資します。外貨建て資産については、原則として為替ヘッジを行いません。

〈ファンドの特色〉
「米国の国債、政府機関債および国際機関債」と「欧州各国( EMU参加国)の国債、政府機関債および国際機関債」にバランス良く投資します。外貨建て資産については、原則として為替ヘッジを行いません。

〈ファンドの特色〉
米ドル建の多種多様な債券(米国国債、モーゲージ証券、ABS、社債、ハイイールド債等)を投資対象とし、幅広く分散することで長期的な収益の獲得を目指します。外貨建て資産については、原則として為替ヘッジを行いません。

〈ファンドの特色〉
米ドル建の多種多様な債券(米国国債、モーゲージ証券、ABS、社債、ハイイールド債等)を投資対象とし、幅広く分散することで長期的な収益の獲得を目指します。外貨建て資産については、原則として為替ヘッジを行いません。
国内株式型

〈ファンドの特色〉
日経平均株価(日経225)に連動する投資成果の獲得を目指します。原則として日経平均株価採用銘柄のうち、200銘柄以上に等株数投資を行います。

〈ファンドの特色〉
わが国の株式市場全体の動きをとらえることを目標に、東証株価指数(TOPIX)の動きに連動する運用成果を目指します。

〈ファンドの特色〉
わが国の証券取引所上場株式および店頭登録株式の中から、取得時にPER、PBRなどの指標または株価水準から見て割安と判断される銘柄のうち、今後株価の上昇が期待される銘柄に投資します。

〈ファンドの特色〉
主として予想配当利回りが市場平均を上回ると判断できる株式に投資し、安定した配当収益の獲得と投資信託財産の成長を目標とします。

〈ファンドの特色〉
世界の先進国・地域(日本を除く)の株式に投資することにより、安定した配当収益の獲得と投資信託財産の成長を目指して運用を行います。外貨建資産については、原則として為替ヘッジは行いません。
外国株式型

〈ファンドの特色〉
中国国内で事業展開している企業の中から、中長期的な運用視点に基づき、各業種毎に競争力の強いエクセレント・カンパニーに集中投資します。外貨建て資産については、原則として為替ヘッジを行いません。
国内不動産投資信託型

〈ファンドの特色〉
わが国の証券取引所上場(上場予定を含みます)の不動産投資信託(REIT=リート)に投資し、投資信託財産の着実な成長と安定した収益の確保を目指します。

〈ファンドの特色〉
わが国の証券取引所上場(上場予定を含みます)の不動産投資信託に投資し、投資信託財産の着実な成長と安定した収益の確保を目指します。
外国不動産投資信託型

〈ファンドの特色〉
日本を含む世界各国において上場されている不動産投資信託(REIT=リート)に投資します。外貨建て資産については、原則として為替ヘッジを行いません。
資産複合型

〈ファンドの特色〉
日本を含む世界各国の株式、公社債、不動産投資信託および国内短期金融資産を投資対象とし、市場環境の変化に対応した分散投資を行います。

  • 投資信託は預金、保険契約ではありません。
  • 投資信託は預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
  • 当金庫が取り扱う投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資信託は元本および利回りの保証はありません。
  • 当金庫は販売会社であり、投資信託の設定・運用は委託会社が行います。
  • 投資信託へのご投資には、ファンド毎に定められた手数料等をご負担いただきます。 
  • 投資信託は、組入有価証券等の価格下落や組入有価証券等の発行者の信用状況の悪化等の影響により、基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。また、外貨建て資産に投資する場合には、為替相場の変動等の影響により、基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。
  • 投資信託の運用による利益および損失は、ご購入されたお客さまに帰属します。
  • 投資信託の取得のお申込みに関しては、クーリングオフ(書面による解除)の適用はありません。
  • 投資信託のご購入にあたっては、あらかじめ最新の投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面等を必ずご覧ください。投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面等は当金庫の投資信託取扱店窓口等にご用意しています。

Copyright (C) The Kameari Shinkin Bank All Rights Reserved.