金融機関コード:1323サイトマップ

投資信託のリスクとリターンの関係
投資信託のリスクとリターンの関係
投資信託は元本保証がある預金等とは異なり、運用成績によっては投資元本を下回る可能性があるため、「リスクがある」と言われます。 もともとリスクとは「危険」を意味する言葉ですが、投資の世界では損失が生じる場合もあれば、収益(=リターン)が生じる場合もあります。 そのため、リスクとは『期待リターンが予想通りにならない可能性』といったことを指します。 一般にリスクが大きなものほどリターンが大きく、リスクが小さいものほどリターンが小さいという関係があります。

投資信託の主なリスクについて
投資信託の主なリスクとしては、以下のようなものが挙げられます。

 価格変動リスク

投資信託に組み入れた株式や債券などの有価証券の価格は企業実績や景気・経済状況や市場の需給関係等の諸要因の影響により変動します。そのため基準価額が下落し、元本欠損が生じる場合があります。

 信用リスク

株式、債券等の発行体が経営不安、財政難等に陥った場合、またその可能性が高まった場合にはその発行体が発行する有価証券の価格は下落します。これにより投資資金が回収できなくなることもあります。 組入有価証券等がこうした状況に陥った場合、基準価額が下落し、元本欠損が生じる場合があります。

 金利変動リスク

通常、債券の特性として金利が上がる場合には債券価格が下落し、反対に金利が下がった場合は債券価格が上昇します。 債券を組み入れている投資信託は、金利が上がった場合は基準価格が下落する要因となり、元本欠損が生じる場合があります。

 為替リスク

外貨建ての有価証券への投資には、為替リスクがあります。償還時・換金時に円換算の際、為替相場の変動によって円高のときは為替差損を生じ基準価額が下落して元本欠損を生じる場合があります。 投資信託では、為替リスクを回避するタイプと、回避しないタイプとがあります。
運用上のリスクを回避するには
投資信託は選ぶ商品によってリスクとリターンの度合いが異なりますので、いくつかの商品を組み合わせることによって、よりリスクを小さくすることが可能となります。 リスクを小さく、リターンを大きくする方法として、一般的に次の3つの考え方があります。

 資産の分散

資金を1つのファンドにまとめて投資せず、さまざまな種類に分散して投資すればリスクも分散され、安定度は増します。「卵は一つのカゴに盛るな」という貯蓄に関することわざをご存知でしょうか? 全ての卵を1つのカゴに盛っていた場合、カゴを落とせば全ての卵が割れてしまいますが、いくつかのカゴに分けて卵を盛っていれば、 1つを落としても全ての卵を割ってしまうことは避けられるということを表わしており、リスクを小さくする一つの方法です。

 長期保有

市場は短期間では一時的要因で大きく変動することがありますが、長期間ではこの変動リスクが小さくなる傾向があります。

 時期の分散

1回に全額を投資するのではなく、何回かに分けて投資する、または毎月一定額を積み立てる(ドルコスト平均法といいます)等の方法により購入時期を分散し、リスクを小さくすることができます。

  • 投資信託は預金、保険契約ではありません。
  • 投資信託は預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
  • 当金庫が取り扱う投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資信託は元本および利回りの保証はありません。
  • 当金庫は販売会社であり、投資信託の設定・運用は委託会社が行います。
  • 投資信託へのご投資には、ファンド毎に定められた手数料等をご負担いただきます。 
  • 投資信託は、組入有価証券等の価格下落や組入有価証券等の発行者の信用状況の悪化等の影響により、基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。また、外貨建て資産に投資する場合には、為替相場の変動等の影響により、基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。
  • 投資信託の運用による利益および損失は、ご購入されたお客さまに帰属します。
  • 投資信託の取得のお申込みに関しては、クーリングオフ(書面による解除)の適用はありません。
  • 投資信託のご購入にあたっては、あらかじめ最新の投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面等を必ずご覧ください。投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面等は当金庫の投資信託取扱店窓口等にご用意しています。

Copyright (C) The Kameari Shinkin Bank All Rights Reserved.