かながわ信用金庫について

ごあいさつ

かながわ信用金庫のホームページにアクセスいただきましてありがとうございます。
また、平素からかながわ信用金庫に格別のお引き立てをいただき、心より御礼申し上げます。

理事長 平松 廣司 写真

理事長 平松 廣司

当金庫では、「強くてやさしい信用金庫」「よろず相談承り信用金庫」になることをめざして、経営を実践しています。

信用金庫は協同組織金融機関ですが、その最大の特徴は、富の還元型相互扶助組織であるということです。相互扶助を分析して考えると、相互とは「地域」・「お客さま」・「出資者」・「役職員」であり、扶助とはこれらの人々で富を還元しあうことです。
信用金庫は、儲けばかりを追求することはあってはなりませんが、還元しあうための富の蓄積、つまり継続的に利益を計上しなければなりません。当金庫は、適正な利益を計上できる財務力と組織力、そして、それらを支える人材力を高め、「強い」信用金庫をめざします。

また、信用金庫は地域密着型金融機関でもあります。信用金庫は、地域の中で生きていますが、同時に地域の中で生かされているのです。
当金庫は、地域の皆さまと一緒に汗を流し、考え、あるいは知恵をご提供してまいります。また、地域の皆さまとより強い信頼関係を構築し、皆さまからさまざまな相談を受け、それを解決する「よろず相談承り所」としての役割を担うことで、地域の皆さまから頼りにされる「やさしい」信用金庫をめざします。
かながわ信用金庫は、地域にとってなくてはならない「強くてやさしい信用金庫」「よろず相談承り信用金庫」であり続けるために役職員一丸となって取り組んでまいります。今後もより一層のご支援・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

理事長略歴

理事長 平松 廣司
略  歴 平成 9年5月  常勤理事
平成 14年7月  常務理事
平成 17年6月  専務理事
平成 20年6月  理事長
(現在に至る)
その他の事項 横浜市立大学大学院修士課程 修了

神奈川県信用金庫協会 会長
横須賀商工会議所 会頭
日本商工会議所 監事
神奈川県商工会議所連合会 副会頭
三浦商工会議所政策運営会議 座長
神奈川経済同友会 会計幹事
防衛大学校学術・教育振興会 監事

講演レポート

かながわ経済勉強会にて

若手経営者による組織であるかながわ経済勉強会では、会員相互の知識向上と懇親を目的に、定期的に勉強会を開催しています。今回、「今年の経済の方向性と「国庫債券」を考える」というテーマで平松理事長が講演を行いました。
講演では、アメリカやヨーロッパなどの海外の情勢を踏まえた今年の経済予想や、アベノミクスや働き方改革など最近の日本におけるテーマなどに言及しながら、これからを生き抜く経営者として必要とされることについて述べました。
最後に、今後のかながわ経済勉強会の地域活性化に向けた取り組みへの期待を伝え、講演を終えました。

明治学院大学寄付講座にて

明治学院大学寄付講座にて「金融機関(信用金庫)の仕事」と題して平松理事長が講義を行いました。
はじめに、銀行と信用金庫の違いを比較しながら信用金庫の社会的役割について説明しました。続いて、信用金庫は地域のなかで地域の皆さまに「生かされている」という考えを紹介し、地域のお役に立ち、地域や住民・社会にとって存在価値がある信用金庫であるために当金庫が大事にしていることについて話しました。
最後に、人生の先輩として、「努力すること」と「学ぶこと」の大切さを話し、1時間超にわたる講義が終了しました。

横浜市民プラザ第52期春期定期講座にて

横浜市民プラザ第52期春期定期講座にて「歴史から学ぶ企業経営」と題して平松理事長が講演を行いました。
講演では近代日本の創世期に活躍した渋沢栄一を学ぶことは、現在の日本経済を知ることにつながるとの考え方から、渋沢栄一の生き様や思想・経営の理念などについて紹介しました。また、組織として人間として経営者に必要なことや、経営の本質、経営者が持つべき心構えなど、渋沢栄一を通じて学んだ「経営者のあるべき姿」について意見を述べました。
会場は立ち見もでるほどの盛況ぶりで、参加された方は、いずれも熱心に耳を傾けていました。

PAGE TOP