かながわ信用金庫について

職員にやさしい信用金庫であるために

当金庫は、働きやすい環境を作ることによって、全ての職員がその能力を十分に発揮できるようにするとともに、次世代育成について地域に貢献するための取り組みを行っています。

一般事業主行動計画の策定

当金庫は、女性の活躍推進、仕事と子育ての両立支援など、職員全員が働きやすい環境を作ることによって、全ての職員がその能力を十分に発揮できるようにするとともに、次世代育成について地域に貢献するため、行動計画を策定しました。

計画期間 平成28年4月1日~平成33年3月31日(5年間)
【取組①】 女性登用を促進する取組
【取組②】 女性職員の計画的な育成に関する取組
【取組③】 育児・介護休業制度、諸制度に関して安心して利用できる環境の整備
【取組④】 男性の育児休業や子の看護休暇取得等の両立支援制度を促進する取組
【取組⑤】 所定外労働の削減のため、定時退庫日・定時退庫月間等の拡充
【取組⑥】 年次有給休暇取得促進のための制度の導入
【取組⑦】 計画期間内に、高校・大学等の学生のインターンシップの受入れ拡充

「神奈川県家庭教育協力事業者連携事業」として協定を締結

神奈川県では、家庭や地域の教育力の充実にむけて、従業員の家庭教育に係わる活動を支援・推進する家庭教育に理解のある事業者と家庭の教育力の向上を図っていくものとする「神奈川県家庭教育協力事業者連携事業」を行っています。当金庫でもこの取り組みを実践していくため、平成20年12月25日に神奈川県教育委員会と協定を締結致しました。
かながわ信用金庫一般事業主行動計画の実践をはじめ、親子関係、家庭のコミュニケーション、地域社会との関わり等の大切さについて、職員に対し啓発活動を行っています。

かながわ女性の活躍応援サポーターに登録

女性の活躍を推進するために、出産、子育て、家族の介護などの時期があっても、性別に関係なく働き続け、キャリアアップを図れるような社会を実現するため「かながわ女性の活躍応援サポーター」に登録しています。

PDF賛同書

くるみん認定の取得

子育てサポート企業(注1)として、次世代育成支援推進法に基づき、神奈川労働局長より認定(くるみん認定)を平成24年、29年の2回取得しています。

(注1)企業が次世代育成支援対策推進法に基づいた行動計画の策定・届出を行い、その行動計画に定めた目標を達成するなどの一定の要件を満たした場合、「子育てサポート企業」として認定(くるみん認定)を受けることができます。

CHO構想推進事業所として登録

神奈川県が推進するCHO 構想とは、企業や団体などが、職員やその家族の健康づくりを企業経営の一部として位置づけ、経営責任として職員等の健康マネジメント、いわゆる「健康経営」を進める取り組みです。当金庫はCHOを設置し、CHO構想推進事業所として登録しました。

CHO(Chief Health Officer):健康管理責任者

PAGE TOP