トップページ > キャンペーン > 退職金専用定期預金

退職金専用定期預金

退職金専用定期預金

平成29年4月3日現在

退職金専用定期預金
お取扱期間

平成29年4月3日(月)〜平成30年3月30日(金)

対象となる方

退職金をお受け取りになられてから1年以内の個人の方
(個人事業主を含む)

  • お預け入れの際に、退職金をお受け取りになられたことがわかるも
    の(源泉徴収票または預金通帳など)のご提示が必要となります。
  • 退職金1回のお受け取りにつき、1回のお預け入れとなります。
    (本定期預金の満期後に再び新規扱いとしてお預け入れすることはできません。)
対象預金

自由金利型定期預金(M型)(スーパー定期 単利型)

期間

3ヵ月
自動継続(元金継続、元利金継続のいずれかとなります。)

預入
(1)預入方法 一括預入
(2)預入金額 100万円以上3,000万円以下
(お受け取りになられた退職金の金額を上限とします。)
(3)預入単位 1円単位
預入形態

証書式または通帳式でのお取扱いとなります。

払戻形態

満期日以後に一括してお支払いします。

お利息
(1)適用金利 固定金利
新規契約時の金利は当初3ヵ月のみの適用となります。
ご継続後の金利は、継続日におけるスーパー定期3ヵ月ものの店頭表示金利を適用いたします。
(2)支払方法 満期日以後に一括してお支払いします。
(3)計算方法 付利単位を1円とした1年を365日とする日割計算といたします。
(4)税金 お利息には20.315%(国税15.315%、地方税5%)の税金がかかります。なお、マル優が適用される方は、マル優にてお取扱いいたします。
※平成25年1月1日から平成49年12月31日までの間にお受取りになるお利息には「復興特別所得税」(国税0.315%)が課税されています。
中途解約時の取扱

当金庫が止むを得ないと認めて中途解約する場合は、解約日における普通預金の利率により計算したお利息を元金とともにお支払いします。

金利情報の入手方法

金利は窓口へご照会ください。

その他参考となる事項
  • 預金保険制度の付保対象預金です。預金保険によって元本1,000万円までとそのお利息が保護の対象となります。当金庫に複数の付保対象預金口座がある場合には、それらの預金元本を合計して1,000万円までと、そのお利息が保護されます。
  • 詳しくは「預金規定集」の「定期預金共通規定」「自由金利型定期預金(M型)規定単利型《スーパー定期》」をご参照ください。
  • 募集期間中でも、市場動向などにより金利を変更する場合や、募集動向により受付を終了させていただく場合がございます。
苦情処理措置
紛争解決措置

預金商品の苦情等は、当金庫営業日に営業店または営業統括部(9時〜17時、電話:0120-538-552)にお申し出ください。

東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会、金沢弁護士会、福井弁護士会および富山県弁護士会が設置運営する仲裁センター等で紛争の解決を図ることも可能ですので、利用を希望されるお客さまは当金庫営業日に、営業推進部または全国しんきん相談所(9時〜17時、電話:03-3517-5825)にお申し出ください。


その他の関連情報
こちらへ印刷用チラシ(約876KB)



ご不明点等は金沢信用金庫の窓口までお気軽にお問い合わせください。

このページの先頭へ 
前のページへ戻る