金沢信用金庫について

沿革


1908年 明治41年 9月 無限責任金沢材木町信用組合として発足
1918年 大正 7年 1月 無限責任金沢戊申信用組合に改称
1920年 大正 9年 4月 有限責任金沢信用組合に改組・改称
1930年 昭和 5年 4月 本店を金沢市尾張町61番地に移転
1944年 昭和19年 9月 石川県信用購買組合協同会の事業譲受、金石信用組合と合併
金沢市信用組合の事業譲受、本店を現在地に移転
1950年 昭和25年 4月 中小企業等協同組合法に基づき信用協同組合に改組
1951年 昭和26年10月 金沢信用組合を金沢信用金庫に改組
1954年 昭和29年 5月 北国信用金庫を吸収合併
1957年 昭和32年 9月 「金沢信用金庫 50年小史」発行
1961年 昭和36年11月 本店新築(地下1階、地上4階建)、営業開始
1962年 昭和37年12月 預金量100億円達成
1967年 昭和42年 9月 日本銀行歳入代理店事務の取扱開始
1975年 昭和50年 7月 第1次オンラインスタート
1977年 昭和52年11月 第一信用組合を吸収合併
1978年 昭和53年11月 石川県商工信用組合を吸収合併
1983年 昭和58年 4月 国債等の窓口販売業務の取扱開始
1984年 昭和59年11月 本店新築(地下2階、地上8階建・現本店)
1988年 昭和63年10月 外国為替公認銀行となる
1998年 平成10年 2月 電算センター新築
1999年 平成11年12月 投資信託の窓口販売業務開始
2000年 平成12年10月 加南信用金庫と合併
2001年 平成13年 3月 福邦銀行金沢支店高松特別出張所の営業一部譲受
2002年 平成14年 4月
12月
だいしん信用組合の事業一部譲受
預金量5,000億円達成
2003年 平成15年 3月 石川銀行の営業一部譲受
2004年 平成16年 3月 福光信用金庫と合併
2005年 平成17年 4月 ISO14001認証取得
2006年 平成18年 9月 新勘定系システムの稼動
2008年 平成20年 8月
9月

12月
財団法人きんしん環境財団を設立
創立100周年
預金量6,000億円達成
「金沢信用金庫 百年史」発行
2010年 平成22年12月 金沢星稜大学と包括的業務提携の覚書締結
2011年 平成23年1月 学校法人金城学園と包括的業務提携の覚書締結
2012年 平成24年10月 富山地区の事業一部譲渡