当金庫では、偽造・盗難キャッシュカ-ドを用いたATMでの不正な預金の払戻しによる被害の補償等を定めた法律「預金者保護法」が、平成18年2月10日から施行される事となったのを受けて、「カ-ド規定」を改訂しましたので、お知らせ致します。

最近、ATMでの偽造・盗難カ-ドによる不正取引の被害が多発しております。
キャッシュカ-ドや暗証番号のお取扱いには十分ご注意ください!

■お客様が上記の被害に遭われた場合、原則として当金庫が補償させていただきます。ただし、お客様
  に「重大な過失」 がある場合、当金庫が被害額の全部または一部を補償しかねる場合がありますの
  で、十分ご注意ください。
■暗証番号は、他人に知られないようご注意ください。当金庫職員が電話等でカ-ドの暗証番号をおたず
  ねすることは絶対にありません。
■生年月日や電話番号等、第三者が容易に推測できる番号は、暗証番号として使用にならないようお願
  い
致します。使用されている場合、至急変更される事をお勧めいたします。
■ATMのご利用時には、第三者(後方)からの覗き見などに十分ご注意ください。
■キャッシュカ-ドの偽造・盗難・紛失等にお気づきの場合は、すぐに「連絡先」へご連絡願います。

  また、当金庫では、盗難・偽造キャッシュカ-ド等による「不正取引」被害防止の為、一日あたりのご利
用支払限度額、ご利用支払回数の設定・変更が可能となっております。


 ■ご利用支払限度額の範囲
  1日あたり、1千円〜200万円の範囲内

 ■ご利用支払回数
  1日あたり、1回〜99回の範囲内

  尚、窓口での取引については、お支払い制限はありません。お申出のないお客様は、ATMでのご利用支払限度額は200万円、ご利用支払回数は制限なしとさせて頂きます。