桐生信用金庫 環境問題取組方針

当金庫は、環境問題に関する取組みをより積極化し、次の3つの役割を発揮していきます。

1.事業活動における環境負荷の低減を目指します。

当金庫は、信用金庫業界の自主行動計画である電力使用量の管理・削減のほか、ガソリンなどのエネルギー使用の管理・抑制、ゴミの減量やコピー用紙使用量の管理・抑制など、事業活動における環境負荷の低減をめざし、企業市民としての責務を果たすことに努めます。

2.金融を通じて環境問題に取り組みます。

当金庫は、環境問題への対応を重要な経営課題のひとつに位置付け、環境配慮型金融商品や環境格付等に基づいた融資の取扱いなど、成長分野である環境関連事業に対するファイナンス機能を発揮し、金融を通じた取組みに努めます。

3.環境保全活動等を通じて地域社会貢献に努めます。

当金庫は、公園、道路、河川等の清掃活動や森林保護活動など、地域の環境保全活動、資源保全活動への積極的参画を通じて、地域社会の一員として地域社会貢献に努めます。