女性の活躍に関する情報および行動計画の公表

桐生信用金庫 行動計画(平成28年3月1日策定)

女性がより長く勤務を継続し、活躍できる雇用環境の整備を行う為、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

平成28年4月1日 ~ 平成33年3月31日 (5ヵ年)

2.当金庫の課題

【課題1】採用女性割合は高いが、女性だけでなく男性も、両立支援制度の利用や柔軟な働き方を選択しにくい状況から、特に女性については、継続勤務が図られていない部分がある。

  • ・出産、子育て期に入る以前に、女性職員が仕事と家庭を両立しながらキャリア形成を重ねるイメージを持てる環境になっていない。
  • ・育児休業の利用しやすさに男女で大きな差があり、男性のワーク・ライフ・バランスが進んでいない。

【課題2】女性に対して、計画的な育成を実施していなかったことから管理職への登用が進まず、管理職に占める女性割合が低い。

  • ・女性の平均継続勤続年数は長期化傾向にあるが、男性との比較では短い状況になっている。
  • ・将来的な管理職育成に向けた教育訓練を受けていない。
  • ・管理職を目指そうと考える女性や、女性の部下を育成しようと考える上司が少ない。
  • ・女性の配属、役割等に問題があり、女性がキャリアアップできていない。

3.定量的目標

  • ・監督職に占める女性の割合を40%以上にする。
  • ・男性の平均勤続年数に対する女性の平均勤続年数の割合を70%以上とする。
  • ・男性が妻の出産を理由に取得できる特別休暇制度取得率を90%以上とする。

4.取組内容

管理職手前の女性職員を対象としたキャリア意識の醸成を目的とした研修、女性がより高度な知識・スキル等を身に付ける為の研修、管理職養成等を目的とした研修を実施する。

  • ・平成28年   4月~ 女性がより高度な知識・スキル等を身につけるための研修実施
  • ・平成28年 10月~ 女性職員に対するキャリアアップ研修の実施
  • ・平成29年   4月~ 非正社員のキャリアアップに向けた研修の実施

両立支援制度を周知するとともに、男女ともに制度を利用しやすい環境に整備する。

  • ・平成28年   4月~ 利用可能な両立支援制度に関する周知を行う
  • ・平成28年 10月~ 管理職の為の女性活躍イノベーション研修の実施 
  • ・平成29年   4月~ 育休復帰研修の実施と復帰職員の相談窓口の設置

5.働き方の改革に向けた取組

  • 計画期間中のリフレッシュデー(ノー残業デー)の取得を徹底する。

女性の活躍の現状に関する情報公開

平成29年3月末 現在

(1) 採用した労働者に占める女性労働者の割合

全体 52.2%   総合職 52.2%   事務職 0%

(2) 労働者に占める女性労働者の割合

全体44.3%

(3) 男女の平均継続勤続年数

男性19.1年  女性11.0年

(4) 一月当りの労働者の平均残業時間

10.4時間

(5) 係長級にある者に占める女性労働者の割合

39.7%

(6) 年次有給休暇取得率

62.5%