一般事業主行動計画

  • 桐生信用金庫

職員が仕事と子育てを両立させることができ、職員全員が働きやすい環境を作ることによって、すべての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

平成30年4月1日から平成32年3月31日までの2年間

2.内容

【目標1】子供の出産時に、父親の休暇取得を促進する。

<対策>

  • ・平成30年4月~ 配偶者の分娩を理由とした特別休暇の周知。取得しやすい環境作りを促進。

【目標2】所定外労働を削減するため、ノー残業デーを引続き設定、実施する。

<対策>

  • ・平成30年4月~ ノー残業デーを引続き継続して実施。管理職への研修等により、職員へ周知。

【目標3】地域の子どもの職場見学及び若者のインターンシップの受け入れを引続き行う。

<対策>

  • ・平成30年4月~ 職場見学及びインターンシップの受け入れを引続き継続して実施。

3.「くるみん認定」(子育てサポート企業としての厚生労働大臣認定)の取得について

 平成30年7月12日、当金庫は群馬労働局より次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主認定企業(くるみん認定企業)として認定を受けました。
 くるみん認定とは、子育て支援に関する一般事業主行動計画を策定・目標を達成し、女性の育児休業取得率が75%以上、男性の育児休業取得者がいること等の基準を満たした企業が受けることができる認定制度です。
 当金庫は、今後も引き続きより充実した「子育てサポート制度」を検討・整備し、制度利用がしやすい環境整備を進めて、働きやすい職場作りに取組んで参ります。

2018kurumin_ster1