Adobe

PDF形式ファイルをご覧になるには、 Adobe Acrobat Reader TM が必要です。

投信IS「よくあるご質問」

利用環境

Q1/OS、ブラウザに制限はありますか?

Q2/どんな端末から利用できるのですか?

Q3/ブラウザのセキュリティレベルの設定は?

利用申込

Q4/投信インターネットサービスを始めるには、どうすればよいですか?

Q5/投信インターネットサービスの取引を利用する際、基本手数料は必要ですか?

Q6/窓口で取扱しているファンドと投信インターネットサービスで取扱するファンドは同じですか?

Q7/投資信託口座は、窓口に行かずに郵送やインターネットで開設できますか?

Q8/投信インターネットサービスの申込をしてから利用できるまでどれくらいかかりますか?

セキュリティ

Q9/セキュリティについて教えてください。

ID・パスワード

Q10/仮ID、キーワード、ログインID、ログインパスワード、確認パスワードとは何ですか?

Q11/「仮ID」の有効期間が終了して、初回ログインができなかった場合、どうしたらよいですか?

Q12/「ログインパスワード」または「確認パスワード」のいずれかを変更したい場合、どうしたらよいですか?

Q13/「ログインID」、「ログインパスワード」、「確認パスワード」のいずれかを忘れてしまった場合、どうしたらよいですか?

Q14/「ログインパスワード」または「確認パスワード」を間違えて入力してしまって、サービスが利用できなくなってしまった場合、どうしたらよいですか?

サービス内容

Q15/どのようなサービスが利用できますか?

Q16/利用限度額はありますか?

取扱い時間

Q17/投信インターネットサービスの利用可能時間を教えてください?

Q18/投資信託を購入する際には、どの価額が適用されますか?

Q19/基準価額は、どのように確認しますか?

Q20/一日当たりの取引制限はありますか?

Q21/手続き中に購入できない旨のメッセージが表示されましたが、これはどういうことですか?

定時定額購入取引

Q22/投信インターネットサービスで定時定額購入取引の申込はできますか?

Q23/定時定額購入取引の毎月の積立金額の変更はできますか?

換金取引

Q24/換金はできますか?

Q25/換金をするといつ指定口座へ入金されますか?

注文取消

Q26/注文の取消はできますか?

照会等取引

Q27/投資信託の残高、申込状況、これまでの取引履歴は照会できますか?

Q28/注文結果照会のデータは何ヶ月分まで確認できますか?

Q29/投資信託の運用状況はどのように確認しますか?

電子交付サービス

Q30/電子交付サービスとは何ですか?

Q31/電子交付対象書面は何ですか?書面はいつから閲覧できますか?

Q32/電子交付対象書面の閲覧方法を教えてください。

Q33/電子交付サービスの申し込み方法を教えてください。

Q34/電子交付サービスと郵送の併用はできますか?

Q35/電子交付された書面はいつまで見ることができますか?

利用環境

Q1/OS、ブラウザに制限はありますか?

A1/以下の日本語版OSおよびブラウザを搭載していれば基本的に利用は可能です。
対象OS 対象ブラウザ
Windows7 Internet Explorer11
Windows8.1 Internet Explorer11
Windows10 Internet Explorer11、Edge

Q2/どんな端末から利用できるのですか?

A2/パソコンのみのご利用となります。
専用ソフトは必要ありませんが、Adobe Readerとインターネットに接続できる環境が必要です。

Q3/ブラウザのセキュリティレベルの設定は?

A3/投信インターネットサービスをご利用になるには、TLSの設定が必要です。
≪Internet Explorerの設定≫
「表示」または「ツール」のプルダウンメニューから「インターネットオプション」>「詳細設定」に入り、セキュリティ項目の「TLS1.0」または「TLS1.2」にチェックします。

利用申込

Q4/投信インターネットサービスを始めるには、どうすればよいですか?

A4/投信インターネットサービスのご利用には、投資信託口座(以下「投信口座」)を開設する必要となりますが、投信口座の有無や内容により以下の通りとなります。
①投信口座を開設済の場合
お取引をされている店舗の窓口にて、投信インターネットサービス利用申込のお手続きをお願いします。
②投信口座をお持ちでない場合
お取引をされている店舗の窓口で、投信口座開設のお手続きとともに、投信インターネットサービス利用申込のお手続きをお願いします。
いずれも、通帳の印鑑、本人確認資料をご持参ください。
なお、郵送での申込受付は、取扱いしておりません。ご本人様の店頭での申込手続をお願いします。また、ご利用は国内に居住されている個人に限られます。法人のお客様は、窓口で購入のお手続をお願いします。

Q5/投信インターネットサービスの取引を利用する際、基本手数料は必要ですか?

A5/きりしん投信インターネットサービスをお申込することによる手数料はかかりません。ただし、本サービスにより個別の投資信託をご購入される場合は、商品毎に所定の手数料等費用がかかることとなり、本サービス利用中のインターネット通信料はお客様のご負担となりますので、ご注意ください。なお、お申込手数料のある投資信託については、同手数料が窓口取扱分より20%割引されます(定時定額による買付を除きます)。

Q6/窓口で取扱しているファンドと投信インターネットサービスで取扱するファンドは同じですか?

A6/当金庫では、窓口で取扱しているファンドは全て投信インターネットサービスで取扱しております。また、投信インターネットサービスのみでご購入いただけるファンド(解約については、窓口と投信インターネットサービスのどちらでも取扱っております)も取扱っております。

Q7/投資信託口座は、窓口に行かずに郵送やインターネットで開設できますか?

A7/お手数をおかけしますが、窓口のみでのお手続となります。

Q8/投信インターネットサービスの申込をしてから利用できるまでどれくらいかかりますか?

A8/お申込をされた店舗にて申請された「キーワード(仮IDパスワード)」と、その店舗にて発行した「ログインID(仮ID)」を使用して、仮IDの有効期間内に行うことができます。なお、仮IDの有効期間内にログインされなかった場合、仮IDの有効期間延長のお手続を行っていただくことになりますのでご注意ください。

セキュリティ

Q9/セキュリティについて教えてください。

A9/セキュリティについてはTLS方式を採用し、情報の盗難・書換を防止しています。また、不正取引防止のため、過去3回分のログイン履歴を表示し、ログインしたまま一定期間内に操作がない場合は自動的にログアウトし取引を終了します。なお、パスワードを入力する場合は、キーボード操作履歴を残さないため、スパイウェアに対して有効な画面キーボードを採用しています。さらに、お取引時には「確認パスワード」で再度ご本人の確認をさせていただいております。

ID・パスワード

Q10/仮ID、キーワード、ログインID、ログインパスワード、確認パスワードとは何ですか?

A10
仮ID お申込店舗にて発行する仮のID(初回のログイン時のみ利用)
キーワード お申込店舗にてお届けいただいたパスワード
初回のログイン時のみ利用
ログインID 初回のログイン時に発行される正規のログインID
2回目以降は正規のログインIDを使用
仮IDは利用不可となります
ログインIDは変更できません
ログインパスワード 通常ログイン時に入力するパスワード
投信インターネットサービスシステムにて随時変更可能
確認パスワード 初回のログイン時に設定し、投信取引時に取引確認のために入力するパスワード
投信インターネットサービスシステムにて随時変更可能
(確認パスワードロック時は変更不可)

Q11/「仮ID」の有効期間が終了して、初回ログインができなかった場合、どうしたらよいですか?

A11/「仮ID」の有効期間が終了してしまった場合は、お手数ですが、お取引をされている店舗の窓口に通帳の印鑑、本人確認資料をご持参いただき、「仮IDの有効期間延長」のお手続きを行って下さい。

Q12/「ログインパスワード」または「確認パスワード」のいずれかを変更したい場合、どうしたらよいですか?

A12/「投信インターネットサービス」の画面より変更が可能です。

Q13/「ログインID」、「ログインパスワード」、「確認パスワード」のいずれかを忘れてしまった場合、どうしたらよいですか?

A13/「ログインID」、「ログインパスワード」、「確認パスワード」を忘れた場合は、お手数ですが、お取引をされている店舗の窓口に通帳の印鑑、本人確認資料をご持参いただき、「仮ID」の発行手続きを再度行ってください。

Q14/「ログインパスワード」または「確認パスワード」を間違えて入力してしまって、サービスが利用できなくなってしまった場合、どうしたらよいですか?

A14/当サービスでは、セキュリティの観点から各種パスワードを複数回間違えて入力を行うと、サービスの提供を一部中止させていただきます。その際には、お手数ですが、お取引をされている店舗の窓口に通帳の印鑑、本人確認資料をご持参いただき、サービス提供再開の手続きを行ってください。

サービス内容

Q15/どのようなサービスが利用できますか?

A15/ご購入、ご換金、定時定額購入取引のお申込(変更及び中止を含みます)、分配金の取扱方法の変更の他、各種照会やパスワード変更等のお手続きもできます。なお、お申込内容を取り消す場合は、Q26を参照してください。別途申込を行いますと、電子交付書面も閲覧することができます。詳しくはQ30以降を参照してください。

Q16/利用限度額はありますか?

A16/利用限度額はございませんが、指定預金口座の残高を上回るご購入はできませんのでご注意ください。なお、お申込取引により指定預金口座が総合貸越となる場合もご購入はできなくなります。

取扱い時間

Q17 投信インターネットサービスの利用可能時間を教えてください?

サービスの種類 取引可能時間
平日 土・日・祝日
投資信託の購入/売却 当日申込分 7:00~15:00 -
翌営業日申込分 15:35~23:00 8:00~23:00
定時定額取引 当日申込分 7:00~17:30 -
翌営業日予約分 18:05~23:00 8:00~23:00
分配金支払方法変更(再投資停止/再開手続き) 8:00~17:30 -
各種照会(残高照会・注文照会等)、電子交付書面閲覧 7:00~翌2:30 7:00~翌2:30
※ただし、ゴールデンウィークや年末年始を除きます。また、メンテナンス等でお取引できなくなることがあります。

Q18/投資信託を購入する際には、どの価額が適用されますか?

A18/基準価額が適用されます。お取引のファンドにより、申込日の基準価額を適用するもの、または申込日の翌営業日の基準価額を適用するものがあります。
予約注文は、申込日の翌営業日の基準価額を適用するもの、または申込日の翌々営業日の基準価額を適用するものとがあります。
各ファンドの適用する基準価額は、目論見書でご確認ください。

Q19/基準価額は、どのように確認しますか?

A19/日々の基準価額は、日本経済新聞にすべての投資信託の基準価額が発表される他、当金庫ホームページ内の「投資信託」→「取扱いファンド一覧(基準価額)」にてご確認いただくことができます。

Q20/一日当たりの取引制限はありますか?

A20/同一銘柄の投資信託の一日当たりの購入取引回数は3回までとなっており、また同一銘柄の投資信託の当日中の反対売買は行えません。

Q21/手続き中に購入できない旨のメッセージが表示されましたが、これはどういうことですか?

A21/このメッセージは、適合性の原則等に基づいた質問に対するお客様のご回答と、ご購入を希望する投資信託との整合性がとれていない場合等に表示されます。この場合、ご購入はできませんのでご注意ください。

定時定額購入取引

Q22/投信インターネットサービスで定時定額購入取引の申込はできますか?

A22/可能です。

Q23/定時定額購入取引の毎月の積立金額の変更はできますか?

A23/「投信インターネットサービス」の画面より変更が可能です。

換金取引

Q24/換金はできますか?

A24/可能です。なお、ご換金の方法としては、「解約」のみの取扱となります。

Q25/換金をするといつ指定口座へ入金されますか?

A25/ご注文されるファンドによって異なります。ご注文時に「受渡日」としてご入金日を表示していますので、ご確認ください。また、「受渡日」はご注文後、「投信インターネットサービス」の画面にて確認できます。

注文取消

Q26/注文の取消はできますか?

A26/「投信インターネットサービス」から注文を取消すことはできません。お取引をされている店舗の窓口に通帳の印鑑、本人確認資料をご持参いただき、お手続きをする必要があります。なお、取消可能時間の制限がありますのでご注意ください。
お取引内容 お取引時間 取消可能時間
お買付・ご換金(当日分) 平日 7:00~15:00 窓口に当日15:00までにご来店
お買付・ご換金(予約分) 平日 15:35~23:00 窓口に翌営業日15:00までにご来店
土・日・祝日 8:00~23:00

照会等取引

Q27/投資信託の残高、申込状況、これまでの取引履歴は照会できますか?

A27/残高はお客様が保有しているファンドの投信残高です。インターネット及び窓口でのお取引が「投信インターネットサービス」の画面にてご確認できます。
申込状況は注文の状況です。インターネットでのお取引が「投信インターネットサービス」の画面にてご確認できます。
取引履歴は代金計算済の取引明細です。インターネット及び窓口でのお取引が 「投信インターネットサービス」の画面にてご確認できます。

Q28/注文結果照会のデータは何ヶ月分まで確認できますか?

A28/「取引明細」は照会当日から1年前までの分が「投信インターネットサービス」の画面にてご確認できます。
「注文一覧」及び「注文詳細」は照会当日から受渡日までの分が「投信インターネットサービス」の画面にてご確認できます。

Q29/投資信託の運用状況はどのように確認しますか?

A29/運用状況についてはお取引されている店舗の担当者またはフリーダイヤル(0120-821-043)にお問い合わせいただくか、当金庫ホームページ内の「投資信託」→「取扱いファンド一覧(基準価額)」に最新の週報(作成が無い投資信託もあります)や月報が掲載されておりますので、そのファイルをダウンロードすることによりご確認いただけます。

電子交付サービス

Q30/電子交付サービスとは何ですか?

A30/電子交付とは、法令によりお客様への交付が義務づけられている書類について、紙媒体に代えてインターネット等を通じた電磁的な方法で交付するものです。
取引の都度交付される「取引報告書」、定期的に交付される「取引残高報告書」等が対象となります。

Q31/電子交付対象書面は何ですか?書面はいつから閲覧できますか?

A31/
電子交付対象書面 閲覧タイミング
取引残高報告書 作成日の翌々営業日午前8時から
取引報告書 作成日の翌営業日午前8時から
分配金・償還金報告書(支払通知書)兼再投資報告書 作成日の翌々営業日午前8時から
特定口座お振込み代金のご案内
特定口座からの払出し通知書
運用報告書 ※1
※1:決算期毎(年1回または2回)に当金庫が運用報告書を登録します。登録後から閲覧が可能となります。閲覧が可能となりますと、お客様のホーム画面に「未読」として表示されます。

Q32/電子交付対象書面の閲覧方法を教えてください。

A32/「きりしん投信インターネットサービス」のログインIDとパスワード(暗唱番号)にてログイン後、メニューより「電子交付」選択→サブメニュー「電子交付履歴」を選択してください。閲覧したい報告書の「PDF」ボタンをクリックすると閲覧することができます。

Q33/電子交付サービスの申し込み方法を教えてください。

A33/お手数ですが、お取引店(投資信託取扱窓口)でお申し込みください。

Q34/電子交付サービスと郵送の併用はできますか?

A34/交付の手段は「郵送」か「電子交付」のどちらか一方を選択してください。「郵送」と「電子交付」の併用はできません。

Q35/電子交付された書面はいつまで見ることができますか?

A35/運用報告書を除く電子交付書面の閲覧可能期間は、作成日の翌営業日より5年間閲覧が可能です。
運用報告書は作成日の翌営業日より5年半閲覧が可能です。
但し、投信インターネットサービスを解約して、ログインIDおよびパスワード(暗唱番号)が廃止された場合は、投信インターネットサービスへのログインができませんので上記の期間内であっても閲覧できなくなります。あらかじめ、お客様のパソコン内に保存をお願いいたします。

▲このページの上部へ