Part2 The live of kirishin

担当業務の紹介

〜支店長の業務について〜
支店長 1994年入庫

支店長 支店長

『お客さまの発展、職員の成長、地域繁栄のために!』

 お客さまあっての仕事のため、お役に立つことが第一です。お客さまの求めている事や悩み事を安心して当庫にご相談いただける信頼関係を築き上げるのが大切です。
 法人のお客さまには、お取引先の紹介であるビジネスマッチング、事業承継やM&A、事業拡大のための運転資金や工場建設のための設備資金のご融資提案など、個人のお客さまには、相続や節税、預金や資産運用、住宅・車や教育に関するご融資提案など、お役に立てる仕事は多種多様です。
 そうした様々なご相談に素早く、かつ丁寧に対応するためには、職員が快適に気持ちよく働ける職場環境整備が必要です。職場が快適でなければ、お客さまに満足いただける接客はできないと思います。この環境を作り出すのが支店長の重大な責務であると考えます。そのためには支店長自らが勉強し、経験が浅い職員などには同行訪問をするなど現場でしっかりと指導していく事が必要です。時に厳しく指導することもありますが、職員がスキルアップした時にはとてもやり甲斐を感じます。
 お客さまに真摯に対応し、努力による職員の成長があってこそ、地域経済の繁栄に必ず寄与できるものと信じて、毎日の仕事に向き合っています。


〜次長の役割について〜
次長 1999年入庫

次長 次長

『お客さまの“幸せ” そして職員の“幸せ”のために』

 私たち信用金庫職員の使命は、地元の企業や個人のお客さまの“幸せ”のために地域経済の活性化のお役に立つ事です。加えてそこで働く私たち職員の幸せも考え日々の仕事を行っています。
 その中で次長の役割は、支店の次席としていかに効率よく業務を進めていくかを第一に考え、支店長を補佐し、職員の指導やフォローを行うとともに、お客さまの様々なニーズにお応え出来るように行動することです。
 具体的には、支店長と共に支店をマネジメントし支店の目標管理を行うこと、さらに職員の状況にも気を配り、悩みを抱えている職員がいれば相談にのったり、お客さまの所へ一緒に同行しお客さまの課題解決のお手伝いをしたりしています。
 その結果職員一人ひとりがレベルアップしてお客さまから信頼されるようになり、楽しく仕事が出来るようになります。こうして様々な角度から支店を支えることが次長としての重要な役割であると考えています。


〜営業担当業務について〜
担当業務:営業担当役席 資格:主任 2009年入庫

営業担当役席 営業担当役席

『お客さまのニーズを把握し 期待に答える』

 私の担当する業務は大きく二つに分かれています。
 一つ目はお客さまの所へお伺いする営業の仕事です。預金や融資、預かり資産などお客さまのさまざまなニーズに合った商品説明・商品提案をして、お客さまのお役にたてるように日々活動をしています。私は法人営業担当をしており、お客さまには「融資や預金などのお金のことにかかわらず何でも相談してください!」とお伝えしています。顕在化しているお客さまが抱えている課題だけでなく、話をすることで潜在的なニーズや課題を解決でき、お客さまに喜んでいただけたときには本当に大きな達成感を感じます。あらゆる経営者の方の悩みに寄り添うことで知識や見識などを深められるのも、法人営業の仕事の魅力だと思っています。
 二つ目は営業担当をまとめるチーフとして部下を育成することです。お客さまのニーズにお応えするために私が直接お客さまとお話しした方がいいのか、部下に任せるべきなのか、まだチーフとしての経験が浅いのでその判断に迷うこともありますが、自分で考え、主体的に行動できる部下を育てることがお客さまの期待にお応えすることに繋がると考え指導しています。
 地域のお客さまと一緒に自分自身も成長しているという手応えが感じられるのも、この仕事の醍醐味です。お客さまのニーズをしっかりと把握し、その期待に応えることが営業担当として一番大切であると考えています。


〜窓口担当の業務について〜
担当業務:内部管理担当役席 資格:主任 2010年入庫

内部管理担当役席 内部管理担当役席

『face to face の最前線で』

 窓口担当はきりしんの顔です。
 みなさんはご自身で金融機関に足を運んだことはありますか?まず入って一番に目に入るのは誰でしょう?営業店のトップの支店長ですか?営業店の花形である営業担当ですか?いいえ、実は窓口担当ではないでしょうか。窓口担当の仕事は、お客さまに接する機会一番多く、お客さまに近い存在です。その後ろで窓口担当を支える仕事が為替担当や事務担当と呼ばれる後方事務で、私はそれらの担当をまとめる内部管理担当役席という仕事を担当しています。
 内部管理担当役席の仕事をしていて日々感じることはチームワークが大切ということです。預金チームの司令塔として、営業店の状況をみて各担当に的確な指示を出す、ご来店いただいたお客さまに最適なご提案はなんだろうと知識を絞ってご案内する。どれも私1人ではできません。預金チームの職員の力を借りながら日々より良いお店作りを目指しています。
 私たちの仕事は、口座を作ってもらうところから始まり、就職したらお給料の振込み、そののち年金の受給、最後は大切な家族にお金を残す相続までお客さまの人生に深く関わる仕事です。そのなかで「きりしんでよかった」と多くのお客さまに思っていただけるよう心掛けながら日々仕事をしています。


 ~人財教育センターの業務について~
担当業務:人財育成 資格:副センター長 2007度入庫

『桐生信用金庫の財産を育てる』

 桐生信用金庫にとって、最大の財産は『人』です。企業は人なりと言いますが、人財教育センターでは、『人財』の育成に力を入れています。当金庫では、平成28年度に従来人事部内にあった研修担当業務を独立させ、「人財教育センター」を設置しました。信用金庫の業務が多様化している中、お客さまから信頼され地域と一緒に成長し共に発展していくためには、お客さまのさまざまな期待に応えられる人財の育成が欠かせません。
 人財教育センターでは、新人研修を始めとした若手向けのスキルアップ研修、女性向けの融資研修、管理職向けのマネジメント研修などを実施しています。また、全国信用金庫協会や群馬県信用金庫協会主催の外部研修へも多数の職員を派遣しています。
 男性・女性の隔てなく全ての職員が職務を全うし、高い目標と夢の実現に向けて仕事に取り組みやすい職場環境を目指していきます!


ページTOPへ