目黒信用金庫TOP>地域密着型金融推進計画TOP

地域密着型金融推進計画

策定の趣旨
平成17年3月金融庁は、平成17年度から18年度の2年間の「重点強化期間」を対象とする中小・地域金融機関についての「地域密着型金融の機能強化の推進に関するアクションプログラム(17〜18年度)」を公表しました。  このアクションプログラムでは、中小・地域金融機関が、地域密着型金融の本質を踏まえ、間柄重視の地域密着型金融の中心的な担い手として、地域経済の活性化や中小企業金融の円滑化のために、その機能強化に向けた取組みを推進していくとともに、積極的な広報活動等を通じて、地域のお客様にこの考え方を十分にご理解いただくことにより、地域密着型金融の一層の推進を図る必要があることなどを基本的考え方としております。
当金庫は、このアクションプログラムに基づき、平成15年度から平成16年度にわたり取組んできた「リレーションシップバンキングの機能強化計画」の実績に対する評価等を踏まえ、また、平成15年度からスタートしている当金庫の長期計画「MIPS21」(平成15年4月1日〜平成18年3月31日)に基づき、今年度より展開している短期経営計画(平成17年度事業計画)において掲げている当金庫の目指すべき金庫像「めぐろの力で地元を元気にする」の実現に向け、「地域密着型金融推進計画」を策定しました。

「リレーションシップバンキングの機能強化計画(平成15年度〜平成16年度)の取組みについて
(1)取組みについての評価
(2)今後の課題
重点強化期間(平成17年度〜平成18年度)の取組み
(1)当金庫の目指す金庫像と地域密着型金融推進計画
(2)当金庫の目指す金庫像と地域密着型金融推進計画イメージ図
(3)「地域密着型金融推進計画」主要項目の基本方針
(4)個別項目の取組み(要約)
目黒信用金庫の「地域密着型金融推進計画」をご理解いただくために(要点)

進捗状況
・平成17年4月〜平成17年9月
・平成17年4月〜平成18年3月
・平成17年4月〜平成18年9月
・平成17年4月〜平成19年3月